抜根作業(手掘り)

昨年末に伐採を依頼されて根っこはそのままの場所なんですが、お客様にお願いして「抜根を勉強も兼ねてやらせてください」と頼んだところ快くOK!を頂きました^^ですので時間に追われずゆっくり出来るので気が楽でした(と言ってもすごく疲れましたが)

樹種はモッコク、サザンカが多かったと思います。場所は畑なので土はやわらかく作業のしやすさは抜群です。幹の太さは大体10cm~15cmぐらい、一番太くても20cmぐらいでしょうか?何年植わってたか聞くのを忘れたので年輪からの推測ですが年輪もぼやけてはっきりわかりません(笑)かなり大雑把ですが樹齢20年~30年ぐらいと予想。

うちは弱小零細個人事業主ですので重機のような高価な道具はございませんので手掘りでいきたいと思います。チェーンブロックの三又ぐらい買ってもいいかな?って思ったのですが、今回はとりあえず買うのやめました。三又は単管パイプとかで自分で作ればそんな高いものではないのですが意外と保管場所を取りますので、これからの需要を見て判断したいと思います。

一枚目の写真を見ての通り、広葉樹は伐採されたぐらいでは死にませんのでひこばえが生えてますね。生きてる木が15本くらい?枯れ木が3本くらい。計20本弱との戦いとなります。長くなりますがよろしくお付き合いくださいませ m(_ _)m

今回の作業の戦闘員(道具)たちです。一番右の備中鍬はほとんど出番がありませんでした。左の刃がちょい短めの鍬とミニ鍬が一番活躍したと思います。のこぎりはかなりなまくらの奴を使ったのですが切れなさ過ぎて仕事になりませんのでもったいないですが下の両手引きノコをメインに使いました。

ノコは土とかで使うとすぐ切れなくなるのであまり使いたくありません。そんなときに役にたったのが太枝切りです。激しい戦闘で左の柄が少し曲がってしまいました(笑)この道具、安いわりにとても使えますね^^ あとは斧。安物の斧なので重いわりに切れずにイライラしましたがこいつも作業効率を上げるにはあってよかったと思います。

最後はバール、ミニバールは樹幹下の方の溝切りというのか根切りに重宝しました。でかい金てこバールは千吉の造園バールです。こいつも使えました。とても重くて疲れますが、ちっとやそっとじゃ折れないぐらい丈夫です。最後にこいつでテコを利かせて切り株が倒れた時は快感です♪ あと手袋。普通の手袋だと手が痛くてしかたがなかったので豚革手袋を使いました。

1本目。まだ要領がわかってないのでかなり幹に近い所から掘ってます。これだけ掘ってもまだビクともしません(すごい)。youtubeで見たのですがあらかじめ抜根することがわかってる場合は伐採するときに幹を長め(胸の高さぐらい)に残しておくとテコの原理?でグラグラ揺すって抜くのが楽になります。私の場合は抜根のことを考えずに根際で伐採してしまったので苦労することになります(汗)

横に走った根もすっごいぶっといですね。樹木の力強さを感じます。手斧じゃまったく歯が立ちませんのでノコギリで地道に太根をギコギコ切っていきます・・・

ようやく抜けました(疲)1本平均だいたい抜くのに1時間ぐらい?ですかね

お次の獲物はちっちゃいので比較的楽でしたが、これでもスコップでテコで掘り取ろうとすると曲がってしまいますので造園バールを使いました。

どんどん行きましょう!こいつは苦労したような記憶が・・・ 多分2時間くらいかかったような気がする・・・

バールにコジコジして抜けました・・・ 手羽元の親分みたいな感じでが、でかいし根っこが太いですね・・・

1日目終了、掘り取ったブツはこのまま放置しときます。北風で土を乾かしてから振るい落とした方が楽かな?と思ったからです。場所が広いのでやりやすいですね~最高♪

2日目。仕事の要領が解ってきたので見た目もなんか綺麗です(笑)写真に写ってますが、回りを粗方掘ったあとにこのミニ鍬が活躍します。根っこを捜す発掘作業のようで楽しくなってきます(ものすごく疲れますが)

手掘りの抜根はこういう太い横根?側根?との戦いです。こまめに土を掘り取り、根っこを切る。この根を手斧でバスッと切れたら楽ですが弾んでしまって簡単には切れません。何回かやれば切れる場合もあるのですが、手が豆だらけになったり疲労が蓄積されてしまいます。(大きな斧なら簡単に切れるかもしれません)

ですから太枝切りやノコギリで切るということになります。

こんだけ掘ってもまだビクともしません(うんざり)

かなり疲れてちょっと違うことやってみたくなります(笑) 根鉢を崩していきます

また出てきました太い根っこが・・・ こういうのが張ってるかぎりビクともしません。

ノコで切ります。

かなり下の方でも結構太い根があるんですね~。 こういう根っこを掘り溝の分だけ切除しないとそれより下を掘り進めないのでめんどくさいわけです。

やっと傾きました(もうヘロヘロです・・・)

全容

この人が住んでた家の跡です・・・

あと三本残して帰ります お疲れ様でした・・・

三日目(最終日)です。疲労がたまってかなりしんどいのと、なにより手がやばかったですね。鍬や斧をぶん回しますので手に豆が出き、指が固まってしまって間接曲げると痛いです。ですが動けないこともないので助かりました(なにより後3本だけっていうのが気が楽で)というか鍬や斧を日常仕事で使ってらっしゃる方はすごいですね。頭が下がります。

ということでなんとか現場に向かいました。

ふと見ると切り株から新芽が出てますね^^ 樹木の生命力はすごいですね^^ といいながら容赦なくその命を絶つ自分。「木がかわいそうだな~」とか思いつつ仕事中はタダの物としか見えなくなってるし(私)は勝手な生き物です・・・

「オラッシャー!」と2本抜く

サザンカ?の亡骸を並べてみる・・・ 合掌・・・

最後の1本、一番の大物のコノテガシワ。株立ち状ですが全部足すと30cmぐらいでしょうか?横根がすごいですがバスバス切っていくと・・・

なんとあっさりゴロンと抜けました。抜けたというかほぼ乗ってるだけでまるで盆栽のようでした。解りづらいかもしれませんが下に伸びてる根っこがほぼありません。こいつは手こずると思ってたのでうれしい誤算でした^^

アップです。

ペラペラですね・・・

調べたらコノテガシワは根が浅いそうです。しかしここまで浅いとは驚きですね。コニファー類は台風で倒れやすいと言いますが納得です。樹木によって深根性と浅根性とあるのですが、実際に見てみると大変勉強になりました。そして樹木ごとの根の張り方も奥が深いようで例えばスギは本来、深根性らしいのですが植林されているものは挿し木苗が多く土砂災害でよく倒れてしまうらしいです(自然災害後のテレビでよく映りますよね)詳しくはウィキペディアをご覧ください。

ということで最後までご覧いただきましてありがとうございましたm(_ _)m

三日間でヘトヘトになり翌日は1日寝込みました(笑) まだまだ自分は体力ないな~と思いつつ楽しい抜根作業でした^^ 勉強させて頂きました施主様、そして樹木たちに感謝いたします。ありがとうございました。

コメントをする

 

 

 

.

芝生の難防除雑草を駆除

うちで一番の困り者の雑草(スズメノカタビラ)です。どこにでもいる雑草ですが芝生に居座われるとやっかいです(とにかくすぐに花が咲き種が出来るので抜いても抜いても根絶不可能)。芝生以外のとこなら除草剤まいて終わりですが芝生の中ではそうもいきません。

過去にためした例を記していきます

芝生用除草剤をまく(量が多いと芝生まで枯れる&コスパが悪い)

ガスバーナーで燃やす(黒コゲが目立つ、芝生まで枯れる)

除草剤を霧吹きで雑草にピンポイントにかける(芝生までかれる)

ちなみに上の写真は駆除した後ではなく綺麗な箇所との比較のために載せたものです。スズメノカタビラは冬型雑草なので夏の芝生管理のが楽なくらいです。(芝刈りしてしまえば目立たないので) 今はご覧のようにとても目立ち、ほっておくと芝生を飲み込んでしまう勢いで覆ってしまいます(それでも芝生も丈夫なので枯れませんが・・・)

あと、残る手段としては芝焼きというのがあるのですが住宅街では現実的に無理です。最終手段はもう芝の貼り替え(笑)芝の束はカーマで安く売ってますので狭い範囲ならこれが一番かもしれません。

ということで私は今回、何をするかというとグリホサート系除草剤(ラウンドアップのジェネリック品です)を濃い目(30倍)に薄めて筆で一つ一つ塗ってくという地道な作業をしてみたいと思います。

こんな感じです(笑)すぐ終わると思ったのですが、結構生えてたので1坪ぐらいの広さで30分ぐらいかかってしまいました~。 しかし抜くよりは、はるかに楽です。これでも芝生も多少枯れると思いますが、ようは春に芝生が生える時のまだら模様が減れば成功ですので、またその後の写真をアップしたいと思います。

なぜか懐いてくる野鳥

なんて名前の鳥か知りませんがスズメより一回り大きくてまん丸に太ったとてもかわいい鳥でしたが、なぜか朝から仕事中の私の周りを常にうろうろしてました^^

トリマーやらチャーンソーやら使うのでとても大きな音で鳥はびっくりすると思うのですが、いつのまにかまた私の周りをうろうろしてるのです。あんまりかわいいので写真を撮りましたが、あまり近づくと逃げてしまうのでちょっとピンボケしてます・・・

公園や神社のハトがエサ目的に近寄ってくることはよくあるのですが、こんな小鳥が懐いてくるのは初めての経験でしたので、「野鳥って懐くのもいるのね」なんて思って癒された1日でした^^

とくに私は常に1人で仕事をしてるものですから相棒が出来たみたいで妙に楽しかったです(笑)

レザークラフトで斧サック(刃物ケース)を作る

安物の斧を買ったのですがケースがぺらんぺらんで頼りないので革細工で自作してみました。前からレザークラフトは興味があったのですがなかなかきっかけがないと始められませんのでこれを機に道具をひと揃えしましたがネットで買いましたら思いのほか安く(5000円くらいで)揃えられて助かりました(革細工はお金がかかるイメージだったので・・・)

ネットで斧サックを検索して素人でも作りやすそうな形にしたいと思います。浴衣みたいに羽織るような感じのがありましたのでこれにします。とりあえず画用紙を型紙代わりにして適当に斧にフィットするような感じでハサミで切っていきます

適当に作った型紙なのでねんのため一回り大きく革を切っていきます(なんかぶかっこうですが・・・)。この革は岡崎にあるレザークラフト屋さんで買った革なんですがお値打ちでした^^畳一畳はないにしても半畳はあるのでいろいろ作れそうです^^

作業工程がほとんどなくいきなり完成写真ですが(笑)革を斧に包んでみてサイズを微調整してから縫いました 縫う作業なんて小学生の家庭科以来?なんですがこれがとても楽しいのです。革は布と縫い方が違うのですが夢中になってしまいました(笑)ざっと1時間半ぐらいで出来ました。

取り付けてみましたがほぼジャストフィットでした。適当に作ったわりには上等の出来栄えです^^ もちろん素人なのでまだまだ粗が目立ちますが・・・ やはり革はかっこいいですね~ もちろん強度など実用性も十分ありますし。

 入れ物変えるだけで斧がかっこよくなりました。レザークラフト、はまりそうです(笑)

本日は大晦日となります。ブログを見てくれた皆様へ御礼を申し上げます。そして今年は中村園芸開業元年だったのですが、中村園芸をご指名して頂きましたお客様へ御礼申し上げます。 「ほんとうにありがとうございましたm(_ _)m  皆様方、良いお年をお迎えくださいませ それでは失礼いたします。」 

中村園芸 中村勲

カイガラムシを顕微鏡で拡大

月桂樹にびっしりとカイガラムシが付いておりました、調べましたらルビーロウカイガラムシという種類らしいです。まったく動きませんので生きてるのか死んでるのかよくわかりませんが冬眠してる模様です。 というかカイガラムシは成虫になると足が退化しますので活動期でも一度居場所を決めたら生涯そこから動かないようです。

一匹、引き剥がして(意外としっかりくっ付いてる)裏返してみましたがなんだかよくわかりませんね・・・ この状態で越冬して春に卵を産んで死ぬそうです。駆除タイミングとしては幼虫が卵からかえった直後(5~7月?)がベストのようです。

カイガラムシは梅の木にもよく付きますが落葉後1月2月の寒い時期にマシン油乳剤をかけてますがこれが一番よく効くような気がします。一度、梅に石灰硫黄合剤をかけたことがあるのですが、当年カイガラムシが発生しましたのでカイガラにはマシン油にしてます。石灰硫黄合剤は病気にはよく効くと思いますがカイガラに関しては??マークです。 それに10ℓ以上のデカイ物しか売ってないし強アルカリ性なので扱いに注意がいるしで素人には扱いずらいですね(硫黄臭いのも)

さて、落葉樹ならよっぽど大丈夫だと思いますが月桂樹は常緑樹なのでマシン油を使うかで悩むところです。自分の樹なら50倍ぐらいに薄めてかけてしまいますが、お客様の大事な樹ということになると100%保証出来ないかぎり使いづらいとこがあります。また春にオルトラン液剤をかけるのがベストかな~?

ついでに月桂樹のつぼみ、葉っぱ、茎の断面もアップにしてみました^^