ツツジの花後剪定は出来れば5月中に

今更かもしれませんが、ツツジが咲かない原因はほとんどが夏以降に刈り込み剪定してしまったパターンです。多くの花木は7月~8月の夏期(植物によって多少違います)に花芽分化と言って、来年の花の元を(花芽)作ります。しかし、秋の時点ではまだ肉眼では単なる葉っぱにしか見えないのでややこしいのです。ようやくツボミとして認識できる時期は、また植物によって異なりますがツツジの場合は年末くらいにツボミと判別できるようになります。

もちろん無剪定でも咲きます、というか無剪定が一番着蕾率が高いようです。やはり切られてからまた枝を伸ばすという無駄なエネルギー消費がない分、花芽形成に集中?出来るからですかね? 大きくしたいなら無剪定か弱剪定のが良いです。無剪定だと暴れるので軽く剪定してやったほうが萌芽を促進し形は整っていいかもしれません。

うちのツツジのように何十年も植わってるオオムラサキツツジは、かなりデカクなってしまって毎年かなり深く刈りこんでるので御覧のように花付きが悪いです。前年枝まで(葉っぱがなくなるぐらいまで深く)刈り込むと花数は少なくなるようです。

ツツジも平戸ツツジと久留米ツツジでは成長具合がどえらい違いです。久留米ツツジはサツキとあまり変わらないくらいの緩やかな成長具合であまり大きくならないと思いますが、そこら中でよく見るオオムラサキツツジ(平戸ツツジ)、うちのは高さ2mほどですが、下手すると3mぐらいまでいくと思います。現実的にはほとんどが刈り込まれますのでそこまでデカイ個体は稀ですが・・・

まとめますと、来年も花を咲かせるためには花後、5月中に本年枝(今春伸びた枝)までの浅めの剪定がベスト、6月以降遅く剪定するほど花数は少なくなる。8月以降にバサバサ切るとほぼ咲かない。生垣には大きくなる平戸ツツジのが向いてる。しかし、久留米ツツジのがこじんまりして花が綺麗な品種が多い。

ツツジやサツキはほんとに萌芽力の強い樹木で成長期(夏は除く)なら葉っぱがなくなるほどの棒状枝の丸坊主にしてもワサワサ生えてきて復活します(棒状の枝で冬を越して春に芽吹いてくるほど丈夫な個体も多いですが、出来れば冬前の強剪定はやめたほうが無難です)

なので大きくなりすぎても、ちっちゃくすることが容易です、カイヅカなど大きくなりすぎた針葉樹、コニファー類はこれが出来ないので扱いづらいのです。

これは霧島ツツジの盆栽。久留米ツツジよりさらにちっちゃい品種ですかね?ツツジ類は膨大な品種があるのでお好きな方はハマるようです(笑)

これもツツジ科の西洋シャクナゲ、こいつは暑さに弱いです。園芸店でよく売ってますがお客様宅でも街角でもあまり見かけないのはやはり暑さで枯れるからですかね?

他にアザレア(西洋ツツジ)は冬に満開の鉢物が出回りますが、寒さに弱いので地植えでは厳しいと思います。

紫蘭(シラン) 丈夫です、どんどん広がってきますので適当に切ったほうがよいです。

花・ガーデニングランキング

エゴノキ 満開

エゴノキは成長が遅いですね。植えて三年ですが、まだ細くてヒョロヒョロしてます。

しかし、花数はすごいです。これ大きくなるとかなり綺麗だと思います。

白は地味ですがピンクはかわいい感じで良いです^^

花・ガーデニングランキング

アスパラ 芽が出た

ふと見たら、こんな感じでビョーンで伸びておりました^^ 去年植えたばかりでまだ細いので収穫はしませんが・・・

ちょっとわかりづらいですが、下からわらわらと芽が出てきます。しかし四株植えて生き残ったのはこの一株だけのようでちょいち寂しいですね・・・

収穫しないとどんどん伸びて枝分かれして雑草みたいになります。このように繁らせて光合成させて根を太らせてから収穫という感じの育て方なので3年ぐらいは収穫しないほうがよいようです。もっと場所があればいろんな野菜を育てて見たいのですが、安く畑を借りたいですね~。今って結構耕作放棄地が多いと思うのですが、「貸したい、借りたい」のマッチングサイトがあるといいですね。

日本は食料自給率が低く海外依存がとても高いので有事が起きたらやばいと言われてます。さらに現在の歴史的円安で食料品がほんとに値上がりしててびっくりしてしまいます。農業従事者は高齢化著しく、今は外国人に頼ってるようですが、外国人も逃げ出すような条件の悪い重労働を強いている事業所もあるようです。ほんとに日本の農業の未来は深刻な問題だと思います。自分の食べ物くらいは自分たちで作るのが筋だと思いますし、若い人が農業を魅力的な職業だと感じるような改革が必要ですね。

花・ガーデニングランキング

藤の盆栽 満開

桜の盆栽から一週間遅れで満開になりました^^ 今年は花数が多いです。

花びらのシャワー。

こいつは雑草ですがマツバウンラン。

ピンボケしてますが、綺麗な雑草です。こいつは雑草にありがちなうっとおしさがなく涼し気でよいです^^

五年くらい植えっぱなしのオステオスペルマム。芝桜に負けそうですが意外とがんばって咲いてくれます。

ちなみに花壇に長年植わってたピンクの芝桜が花壇に乗り上げて侵略してきた芝に負けてしまい御覧の有様です。両方とも名前に「芝」と付いてますが普通に芝のが強いようです。

芝桜は簡単抜けますが、芝は一旦根付くと簡単に抜けませしね・・・

他にも芝桜エリアがあるのですが、菊やら球根類やらが混植してて、芝桜の花が目立たなくて今一です。芝桜は成長スピードが速いので、結構すぐに花の絨毯が作れます。アスファルトの上にも覆うように伸びてきます(根付くことは出来ませんので、これ以上は広がりませんが)

雑草防止にもなるし乾燥に強く、管理も楽でグランドカバーとしておすすめです^^ ただ、踏圧には弱いので芝みたいに上を歩くことは出来ません。

花・ガーデニングランキング