グリホサート系除草剤(ラウンドアップ)の実力

なんかラウンドアップの宣伝みたいになってしまいますが申し訳ありません。というのも今年も異常気象で8月なのに10日連続くらい雨模様という「梅雨が戻ってきたのか?」と思うほどの異常事態ですが、当然庭の方もいつになく雑草だらけになっております。

なので先日晴れ間の隙にグリホ系除草剤を撒いたのですが、その後すぐに(30分もしないうちに)結構な雨が降ってきてしまい。「こりゃさすがに薬剤が流れて効かないだろうな~)なんて思っていましたら、予想に反してしっかり効いております(びっくり)

強害雑草ツユクサもご覧の通りヘナヘナになってます。こいつはそこらにポイッと捨てとくと簡単に根付いてしまうのでやっかいですし、根っこにちっちゃい球根みたいなものがたくさん付いてるので抜いても抜いても生えてきます。

芝生の中に生えてる奴も、もうすぐ枯れそうです。芝生内はほんとは手で抜いたほうがよいのですが、夏の庭仕事はただでさえやる気がしないのにこの長雨で雑草だらけだったので、ズボラですが「芝が多少枯れてもやむなし」とばかりに霧吹きでピンポイント散布しました。

ラウンドアップの説明書によりますと最新の製品は散布後1時間経てば雨が降っても大丈夫とうたってますが、ほんとに看板に偽りなしで効くようです。昔の製品は散布後6時間だったそうです。世界で一番売れてる人気除草剤なのもうなずけます。しかし、国によっては発がん性がなんちゃらと言って禁止にしてる国もあるそうです。

農薬の扱いはいろいろ議論されるむずかしい問題ですが便利なのでどうしても使ってしまいますね・・・ ちなみに私はラウンドアップは高くてよう買えませんので安いジェネリック品を使ってます。ジェネリック品の中でもさらに農耕地用と非農耕地用というのがあるのですが、ラベルの成分表を見るとまったく同じ成分なのに価格が倍違ってました(謎)

600円と300円でした。いつもは600円の農耕地用を使うのですがためしに安い非農耕地用を買ってみました。調べたら農林水産省に登録すると農薬扱いになるので農耕地にも使えるらしいですが、お金と手間がかかるので無登録で販売する業者もあるようです。そういったものを非農耕地用(駐車場や道路脇など)として安く売ってるようです。

しかし、制約があって非農耕地用除草剤を農耕地に使うと違法で罰せられるらしいです(もちろん食用作物などへの影響が理由なのはわかりますが)。同じ成分で農耕地用、非農耕地用の区別があるのはややこしくてよくわかりませんが、ようは国のお墨付きがあるかないかの違いなんでしょうね・・・

 300円の非農耕地用は輸入製品で生産国は未記名でした。600円の高い農耕地用でも中国産でしたので多分ほとんど同じブツだと思います(あくまで私の予想です)

とにかくこういったものは「安物買いの銭失い」にならないようによく吟味する必要がありますね~。

ちなみに他のよく見る除草剤として粒状(粉をふりかけるタイプ)のお手軽簡単なものがありますが、あれは土壌残留効果が強く一度ふりかけると三ヶ月くらい雑草が生えてこない強力なものもありますが庭木の下にかけてしまうとその庭木が枯れるおそれもありますのでご注意ください。うちの姉は粉系除草剤を愛用してますが、多分それが原因で庭木が枯れたことがあります。

その点ラウンドアップ系は土壌に染みてもすぐに分解され庭木には影響がありませんので使いやすいわけです(※ラウンドアップマックスロードALⅢという最新製品だけは散布後6ヵ月雑草抑制の持続効果があるようなので注意)。あくまで葉っぱに薬がかかったものだけに効果があります。逆にいうと葉っぱのない茎だけとかだと効果は期待出来ない(弱い)です。なのでラウンドアップは薬剤散布前に雑草を刈るのは逆効果(葉っぱが多い方が効く)と説明しております。

花芽分化期

毎年夏になるとヘロヘロに弱ってしまう西洋シャクナゲですが今年は今のとこ生育旺盛で元気です。来年咲く蕾が早くもたくさん確認出来ます。去年は蕾を虫に食われましたので薬剤を散布しました。

今年買ったベニサラサドウダンですが予想通り暑さでヘロヘロになってます。多分このままだと8月には葉っぱがコゲコゲでほとんど落ちてしまうかもしれませんがとりあえず日陰には避難しないでこのままスパルタでいきたいと思います。しかし弱ってるのですがこいつもしっかり花芽が膨らんできて来年の準備をもうしてます。

こいつは普通のドウダンより蕾が大きくわかりやすいですね。来年地植えしたいと思います。

こいつはニオイツツジという謎のツツジです。多分レンゲツツジ系の交配種だと思うのですがこいつもやはり夏の暑さに弱いですが、今年地植えの奴を鉢で養生して育てたら元気になり蕾もたくさん確認出来てます^^

長いですがまだ続きます。今年衝動買いしてしまったレンゲツツジ、なんとか暑さに耐えてます。蕾もたくさん付けてくれました^^ ちゃんと薬剤散布したのが効果があったのか?しれませんが・・・ 以上、平地の夏の暑さに弱い落葉系ツツジとシャクナゲでしたが、なんとかがんばってくれてます。

お次は科が変わって暑さにも強いツバキの盆栽ですがこいつは蕾形成が早いですね。他はまだはっきり蕾だと認識出来ない品種も多いです。

最後は桜の盆栽(旭山)です。葉芽かもしれませんが多分花芽だと思います。長くなりましたがこのように樹木たちはこの暑い最中、成長を一旦やめて休んでるように見えますが、夏の強い日差しを浴びて光合成をしっかりして来年の養分貯蓄と花芽の準備という重要な仕事をしてるわけです。

多くの樹木たちが大体7,8月中の夏の間に花芽分化という来年の花芽の製作をしてるのですが、上に紹介した樹木たちのようにすぐに蕾という形で確認出来るのもあれば花芽形成は確定しても年末ぐらいまで蕾として確認出来ない種類もあります。

どっちにしろ、この時期に来年の花数はもう確定してしまいますので秋以降なにやっても花数は増えませんし、バサバサと枝先を剪定してしまうと花芽を落とすことになりますので来年花が咲かないとか少ないということになります。

しかし、サリスベリやムクゲなど夏以降に花が咲くものは大概、当年枝に花芽が付くタイプですので秋以降にバッサバサと剪定しても翌年の花に影響しません。

しかし、今年の夏も猛暑っぽいですが、雨だけは適度に降って欲しいものです。去年の8月のこの地の降水量は調べましたら例年の30%ほどしか降らなかった記録的少雨だったらしいです。たしかに8月に3週間ぐらいまったく雨が降らなかったので庭木が心配だったのを覚えています。地植えの庭木は通常降雨だけで水分は足りますので水やりは不要ですが夏だけは注意したほうがよいです。とくに最近の猛暑は危険ですね・・・

梅の生命力

うちはそこら中にモグラが穴を掘りますので適当にモグラの通り道っぽいとこに枝やら棒やらをブスブスと挿しまくってるのですが、ふと見ると新芽が出てる枝があるじゃないですか。よく見ると梅の剪定枝でした。3月初旬頃に梅の剪定をしてそこらにほっぽいたものを挿したんだと思いますが、さすがに剪定後から何日経ってから挿したかは不明なのですが・・・

芽の出てるひとつ上の節からは完全に枯れてますね。結構長い枝なので上の方まで賄えないので省力化のため自ら枯らしたと思われます。

丈夫な植物ならぶちっと切ってそのまま地面に挿すと意外と簡単に根付くのもあるのですが(ポーチュラカとか)葉っぱのまったく付いてない1mぐらいある枝を適当に挿して芽が出てくるとは梅ってなかなかすごい奴ですね。

ちょっとわかりずらいですが、根が出てるかどうか?と思って抜いてみました。結構深く刺さってましたが根はまだ出てなかったです。しかし、植える場所がないので処分しました(ごめんさい)植物の生命力には驚かされますね^^

西洋シャクナゲが咲きました。去年は1玉でしたが今年は2玉です^^ もう二つ蕾が付いてますが咲くかどうかわかりません・・・

こいつは私が好きな雑草でマツバウンランと言います。この時期いろんな所で群生してるので「ああ、あの花ね」なんて気づく方もいらっしゃるのではないでしょうか? この写真だと今一ですが野っぱらとかツツジの赤と競演してるとすごく綺麗だと思います。

毎年勝手に生えてくるのでこいつは雑草ですが抜かないで花を楽しんでます。

なぜか懐いてくる野鳥

なんて名前の鳥か知りませんがスズメより一回り大きくてまん丸に太ったとてもかわいい鳥でしたが、なぜか朝から仕事中の私の周りを常にうろうろしてました^^

トリマーやらチャーンソーやら使うのでとても大きな音で鳥はびっくりすると思うのですが、いつのまにかまた私の周りをうろうろしてるのです。あんまりかわいいので写真を撮りましたが、あまり近づくと逃げてしまうのでちょっとピンボケしてます・・・

公園や神社のハトがエサ目的に近寄ってくることはよくあるのですが、こんな小鳥が懐いてくるのは初めての経験でしたので、「野鳥って懐くのもいるのね」なんて思って癒された1日でした^^

とくに私は常に1人で仕事をしてるものですから相棒が出来たみたいで妙に楽しかったです(笑)

レザークラフトで斧サック(刃物ケース)を作る

安物の斧を買ったのですがケースがぺらんぺらんで頼りないので革細工で自作してみました。前からレザークラフトは興味があったのですがなかなかきっかけがないと始められませんのでこれを機に道具をひと揃えしましたがネットで買いましたら思いのほか安く(5000円くらいで)揃えられて助かりました(革細工はお金がかかるイメージだったので・・・)

ネットで斧サックを検索して素人でも作りやすそうな形にしたいと思います。浴衣みたいに羽織るような感じのがありましたのでこれにします。とりあえず画用紙を型紙代わりにして適当に斧にフィットするような感じでハサミで切っていきます

適当に作った型紙なのでねんのため一回り大きく革を切っていきます(なんかぶかっこうですが・・・)。この革は岡崎にあるレザークラフト屋さんで買った革なんですがお値打ちでした^^畳一畳はないにしても半畳はあるのでいろいろ作れそうです^^

作業工程がほとんどなくいきなり完成写真ですが(笑)革を斧に包んでみてサイズを微調整してから縫いました 縫う作業なんて小学生の家庭科以来?なんですがこれがとても楽しいのです。革は布と縫い方が違うのですが夢中になってしまいました(笑)ざっと1時間半ぐらいで出来ました。

取り付けてみましたがほぼジャストフィットでした。適当に作ったわりには上等の出来栄えです^^ もちろん素人なのでまだまだ粗が目立ちますが・・・ やはり革はかっこいいですね~ もちろん強度など実用性も十分ありますし。

 入れ物変えるだけで斧がかっこよくなりました。レザークラフト、はまりそうです(笑)

本日は大晦日となります。ブログを見てくれた皆様へ御礼を申し上げます。そして今年は中村園芸開業元年だったのですが、中村園芸をご指名して頂きましたお客様へ御礼申し上げます。 「ほんとうにありがとうございましたm(_ _)m  皆様方、良いお年をお迎えくださいませ それでは失礼いたします。」 

中村園芸 中村勲