オオムラサキツツジの生垣の幅を詰める

街路樹とか公園とかそこら中に植わってるオオムラサキツツジの生垣なのですが幅が2m弱もあるので半分に詰めたいと思います。柿の木が中に埋もれてしまって剪定も収穫もかなりしづらい状況でもあったので・・・

途中経過です。父が言うには「二列で植えたよ」と言ってたのでその通り半分だけ伐採すればいいので楽でした。

長さ3、4メートルぐらいの生垣に片側3株植わってましたが南の一株だけ日当たりがいいのかやたらでかくて直径60cmぐらいの大株でした。東の方へ太枝を伸ばしており、これを切ると残った生垣に穴ぽこが開いてしまいますが致し方ありません切らないと抜根も出来ませんので・・・

終了しました^^チェーンソーでやればあっという間ですがツツジのようなしなりのある細い枝はチェーンソーでは切れません。根元から切ってしまえばいいのですがバラしてこの場所に土として還したいので時間はかかりますが剪定鋏でチョキチョキと細かくしながらゆっくり作業しました。

自分家なので急ぐ必要もないので・・・ しかし南の大株は抜根が大変だろうな~・・・

ビフォーアフターです。南の方がかなりスカスカになってしまいましたがオオムラサキツツジは樹勢が強いのですぐ穴ぽこは埋まると思います。

外から見た感じではあまり変わりませんね 良かったです。

畳二畳(1坪)ぐらいのスペースが出来ました^^ これはかなりうれしいです。柿も収穫しやすくなったので父も喜んでおりました。あとはツツジの抜根をしてその穴ぽこを生ゴミ堆肥作りの場所にでもしようかと思ってます。

なんでもゴミステーションへの家庭から出る燃えるゴミの3割が生ゴミなんだそうです。生ゴミは水分が多いのでゴミ焼却時に無駄なエネルギーがかかるようで自治体はゴミ削減のキーポイントは生ゴミだと訴えております。

しかし現代はお庭のないお家が多いのでなかなかむずかしいですね。生ゴミコンポストとかいろんな種類がありますがやはり土の微生物に分解してもらうのが一番手っ取り早く、土をかぶせてしまえば匂いもまったくないしハエとかも寄ってきません。ミミズや園芸では害虫と嫌われてるコガネムシの幼虫も堆肥化にかなり役立っています。

以前生ゴミ堆肥化はやってたのですが、私が庭に樹木を植えまくったせいで場所がなくなってしまったのですが、今回場所が開きましたので楽しみです。暖かい時期はおもしろいように生ゴミが分解してふかふかの土が出来ていくので楽しいです^^

柿の木の剪定

結構大きい柿の木ですが南に鎮座しておりますので暗い感じになっておりました。落葉樹の剪定は冬がセオリーですが、ここまで茂っていると致し方ありません。ちなみに今年は表年(実の成る年)なので結構実が付いておりました^^ もったいないですがしょうがないです・・・

去年、地際で切ったガクアジサイ 開花

去年アジサイを花後に地際で強剪定したのですがご覧の通り普通に咲いてくれました。やはりこのガクアジサイ(ダンスパーティ)はどこで切っても咲いてくれるようです。

左の赤線の木質化した枝が去年の剪定後に伸びた枝です、緑色の部分は今年の春から伸びた新枝です。かなり深いとこからの新枝にも花が付いてますね。ダンスパーティは花付きの良い品種なのでしょうか? 右は今年の春に生えてきたひこばえ(やご)です。さすがにこっちは花が付いてません。

ちなみに2株植わってまして正直邪魔なのでかわいそうですけど右の株は処分いたしました(ごめんなさい)左の残した株は去年地際で切ったのにこの大きさです。ダンスパーティはでかくなりますね~。

まだ咲き始めですが、かなり父に切られてしまいましたがまだまだ花数多いです^^ しかしこれではっきりしましたので、毎年花後に地際でカットすればよいので楽でいいです^^

こいつは普通のアジサイですが、去年父が適当に剪定してましたがまあまあ花が付いてます。枝を良く見るとやはり深く切ったであろう枝には花が付いてませんでしたので、普通のアジサイは教科書通り、あまり深く切ると咲かないようです。 しかしこいつはダンスパーティほど樹勢が強くないのでそんなに邪魔にはなりません(笑)

サツキの強剪定(丸坊主)から二ヵ月後

3月半ばにサツキの強剪定(丸坊主)をしてから二ヶ月経ちました。その経過写真です。

↑上の写真は一ヵ月後ですが雨も少なかったのもあると思いますがほとんど茂ってません

↑そして二ヶ月経ち現在の様子です。梅雨入りしてワサワサと新芽が吹いてきました^^ これでもう安心ですね。しかし、あんなタワシのような状態から復活するのですからすごいですね。

そして、今回また別のサツキを強剪定してみました。うちはサツキの玉物が多すぎなので少し減らしたいのですが父が植えたものなので処分しにくい面もあり、とりあえず実験も兼ねて縮小してみたりしています。なぜか毎年あまり咲きません。ベニモンアオリンガとか目を凝らさないと見えないような害虫被害っぽいですけどめんどくさいので消毒はしてません。

今回のがかなり小さくしました、が、葉っぱが結構残ってますので容易に復活するとは思います。前回より二ヶ月の時期ズレで新芽が出揃う頃に真夏になると予想される今回、どのような成長経過をとるのか見ていきたいと思います。

ネズミモチ? 剪定

「これ、よくあるウバメガシの仕立てものだよな?」なんて気楽にお客様に「ああこれ、ウバメガシですよ、備長炭になる奴です~」なんて答えたのですが、いざ剪定しようと近くでよく見るとなんか違う・・・ まず葉っぱにギザギザがない。さらに葉の付き方が対生なので、この時点で確実にウバメガシではないと判明(ウバメガシは互生)

さらにネズミの糞みたいな特徴的な黒い実がちらほらと残ってました。ってことはネズミモチか?「しかしネズミモチにしては葉っぱが小さくないかな?」なんて思いながら家に帰って調べましたが、葉の形が微妙に違うのですが、ネズミモチ以外に候補がなかったので多分ネズミモチだと思うのですが・・・

トウネズミモチはもっと葉っぱが大きいので多分違いますし。人間と同じで樹木も同じ種類でも個性があると言うことですかね? 黒松とかは葉っぱの長さや硬さにかなり幅があるような気がします。ともかく一応プロなのでちゃんと木を見て確実な名前をお伝えしなければいけませんね(反省です)