アジサイ(ダンスパーティー)の強剪定

長いこと綺麗に咲いてくれましたので剪定しました。アジサイの剪定は調べても意味がわからないって方が多いのじゃないですか?恥ずかしながら私もちょっとあやふやなとこがあります(未熟者ですいません)

もう1本、父が植えた古株の普通のアジサイがあるのですが、そいつは半分ぐらいにばっさり切った翌年はほとんど咲きませんでした。しかし、私のこのガクアジサイのダンスパーティーは去年も結構深く切ったと思うのですが(半分以上は切ったような?)ごらんのようにたくさん咲きました。

だいたい「翌年も咲かせるには花後すぐ2節か3節目で切る、それ以上深く切ると咲かない可能性が高い」と書いてあるとこが多いと思います。ですのでみなさん株が大きくなって困ってらっしゃる方が多いと思います。

しかし、品種によりけりだろうし、剪定時期にも、その年の成長具合にもよるでしょうしむずかしいところだと思います。アジサイは脚立も要らないのでご自分で剪定してらっしゃる方も多いと思います。長年育ててらっしゃる方は私なんかよりお詳しく毎年、大きさを維持しつつたくさん咲かせてらっしゃる方もみえますね^^。

結局、自分でどこまで切れるか?のラインを探ってくのが良いということになりますでしょうか?あまりに大きくて邪魔になったら翌年の花は諦めてバッサリ強剪定するのもよいと思います。

ということで私はバッサリと切りました^^。三分の二どころか五分の四ぐらい切ったかもしれません。左の株に至ってはほぼ地際まで切ってます。剪定枝はそのままマルチとして敷いときます(エコです笑)

アップにしますと緑色の今年延びた枝(やご)がメインに残ってるのがお解り頂けると思います。だいぶ混んでたので古い枝を間引きました。しかしアジサンは当年枝には花芽は付かないと書いてあるとこもありますのでそうなると来年ほとんど咲かないということになりますかね?

左の株は抜こうと思ってるで実験も兼ねてここまで切りました。来年どうなりますかね~?・・・

アジサイの剪定 ←参考になりそうなサイト様がありましたのでリンクさせて頂きました。よかったらご参考に・・・

黒松のみどり摘み

after

父が植えて50年ぐらいの黒松です。庭木としてはまあまあの年数ですが自然の樹木としてはまだ若造ぐらいでしょうか?日当たりもよく居心地もいいのか樹勢もとても強いです。

これでも樹勢が落ち着いたほうなのです。毎年こまめに強い枝を切り落としてきた結果だいぶ落ち着いてきました。父が自己流で剪定してたころはみどりがものすごいぶっとくて一箇所から5本とかそりゃもうえらい勢いで大変でした。

after

強すぎず弱すぎずで良い感じのみどりだと思います。樹勢の弱い木はみどりの軸のが長くてみどりが摘みにくいというか摘む必要がない感じで生えてます。古木などもそうですが樹勢の弱い木はみどりは摘まないほうが良いらしいです(木が弱るそうです)

町をぶらついてると最近はみどりを摘まないお宅や公園が多い気がします。コスト面とみどりを摘んだとこから二番芽がわさわさ生えてくるのでみどり放置とくらべてどっちが秋の剪定で効率が良いのかが微妙な所となってるからじゃないでしょうか?

うちのような樹勢のよい木は摘んだほうがよいと思いますが最終的には自分の好みってことになりますかね?

樹勢が強いのでなるべく小さな芽を残すようにしてます。

しかし日当たりの悪い弱い枝はそれなりに元気の良い芽を残したほうがよいと思います。

造園業・植木屋ランキング

ツバキ 剪定

before

after

ツバキの花後の今時期は剪定の最適期だと思います。形を変えたり太枝を切る強剪定も出来ます。風通しよく透かせば害虫被害も減りますし、なんといっても今時期はチャドクガ発生直前なので葉っぱに付いてる卵を剪定によって切り落とせる可能性が高いのでチャドクガ発生を極端に減らすことが出来ます^^

こいつは主幹がないので作り直してる最中です。ツバキやサザンカは適期ならバッサバサ切っても容易に復活しますので仕立て直しもしやすいですし剪定の練習にもってこいの樹種だと思います。

after

枝が枝垂れる孔雀椿です。こいつも樹勢が強く毎年かなり透かさないと枝が混み合ってチャドクガだらけになってしまいます。

after

最後はうちで一番好きな白椿です。この子が一番落ち着いて(あまり暴れず)楽かも?です。

サザンカやツバキは放置してるとぼっさぼさでチャドクガの巣になり、ほんと迷惑な木でしかありませんがちゃんと透かし剪定や消毒で手入れしてやると葉っぱがピカピカして花のない時も綺麗です。

庭木は手間がかかりますね。いそがしい現代人がこんなことやってられないのはとてもわかります・・・

花・ガーデニングランキング

みかん 剪定

after

前、一緒に働いてた同僚の方から仕事の依頼を受けました。正直暇だったのでありがたかったです(笑)やたらちっちゃいみかんだったのですがキンカンではないっぽいし食べてみたら普通のみかんの味でした。種類不明です。

すっきりさっぱり「背丈ぐらいの高さで理想の形」になったと喜んでおられました。そういえばこいつはトゲがなかったような・・・みかん科はトゲのイメージがあるので・・・

花・ガーデニングランキング

モミジ 剪定

before

after

ボサボサなので結構透かしましたがモミジの剪定は松より難しいと言う人もいます。うちのモミジは父さまが適当な剪定をして竹箒みたいなひどい格好になってたのを私がこつこつと手入れしてきたのですがようやく形が見えてきた感じですかね?左の下枝を大切に残してます。これがもっと太ってくれば尚ベターです。右にもう一本下枝が欲しいとこですが・・・ モミジはわりと胴吹きしてくれるので作り直しがしやすいですがほとんどの樹木に言えるのですが下枝は大切にしたほうがよいです。植物は上の芽を優先的に伸ばし下からは芽吹きにくいからです

2019/3

ちなみに去年は↑こんな感じで剪定しましたが比較すると今年はかなり透いたのがお解かり頂けると思います。左の下枝も一年で結構成長しましたね。