2月ですがもう植物は動き始めてる

ふと見るとナツズイセンがもう芽を出してました^^ この時期は普通のスイセンの花期なので「別に~」って感じなのですが、こいつは名前の通り夏に咲く植物なので「ここまで早く芽を出さなくてもいいのに」って思うのですが毎年結構寒い時期から芽を出してますね~

とくに最近は温暖化なので三月になるともう一気に春めいてきてあっという間にいろんな植物が花咲かせて本来4月が本番なのに三月で終わってしまうような感じになってます。

梅が咲いてますが、今年は花数少ないです・・・

こっちは紅梅。ようやく蕾がほころびはじめた感じです。

オキザリス。冬の寒い時期に長い間ダラダラと咲いてくれます。

沈丁花。こいつも動くのが早いです。年末年始ぐらいにもうこんな感じで蕾が春に向けて準備万端の状態で待機してます。2月後半ぐらいに咲きそうですね^^

沈丁花はオススメです。大きくならない、病害虫が少ない、なんといっても香りが最強に良いです。日本三大香木(キンモクセイ、クチナシ、ジンチョウゲ)の中で一番良い香りだと思います(もちろん好みもありますが・・・) しいて短所をあげるなら、寿命が短いです。せいぜい30年ぐらいらしいです。突然枯れたりします。

沈丁花は大きくならないので突然枯れても、「まあまた植えればええか」って感じなのであまりショックはないと思います(笑)

これは、苔が綺麗なので撮ってみました^^ 苔のいいところはこんな小さな空間で大地?を感じられるとこでしょうか? ちなみに右に植わってるのはゴールデンクラッカーですが、今年強剪定したら枯れてしまいました。結構胴吹きするので丈夫かな?と思ったのですが、そうでもないようですね・・・

一般的には2月は真冬なんでしょうけど、私的にはもう2月に入ったら春です!盆栽の植え替えとかめんどくさい仕事があるので憂鬱でもあります(笑)

花・ガーデニングランキング

0円正月飾り

毎年恒例の門松(正月飾り)ですが、去年から門松の主役、竹を省いた簡素な正月飾りとなっております。竹があったほうが当然かっこよいのですが、青竹が手に入らないので「まあ、なしでも良いか」という感じで作っております。

飾る日程は28日が8が付いて末広がりで良くて29日、31日はあまりよくないらしいです。私はあまり縁起を担ぐ方ではないので気にしませんが、今年は28日に作ってみました^^

とにかく私はめんどくさがりなので、家に生えてるのを適当に切って挿しただけです。南天と万両はお客様宅で剪定したのを頂いてこの日のために取っておいたものですが、南天はたしか12月上旬頃に切ったのですが年末まで持ちましたね~ 葉っぱはさすがにほとんど落ちてしまいましたが、実はたわわのまま維持しております。

南天は生命力と繁殖力が強いですね。つい先日も南天だらけのお庭でまあどんだけの南天を切ったことか、もうその時は「正月飾りに頂こうかな?」とかそんな余裕もなくとにかくこのうっとおしすぎる南天に嫌気がさしましたのでそんな気も起きなかったのです(笑)

ナンテンは「難を転ずる」と言われて縁起の良い植物として重宝されております。完全に無理やりな語呂合わせだと思うのですが(笑)思い込みというのも大事なので「南天が守ってくれてる」と思えるだけでも精神衛生上良いことだと思います。

ついこないだも仕事中にとても危険なコケかたをして、ほんとに瞬間は「やばい大けがする!」と思ったのですが、奇跡的に擦り傷程度で済んだのもなにかが守ってくれたのかもしれません。どんなに気を付けてても一年に一回くらいこういうことがあるので、ほんとにこの仕事油断すると危ないです。なんにしろ今年も一年無事健康で仕事が出来て良かったです^^

今年も充実した一年を過ごすことが出来ました。あらためてお客様たちへ感謝申し上げます。ありがとうございました。また、当HPへご訪問くださいました閲覧者様、あまりおもしろいサイトではなくアクセス数も少ないですが、園芸好きの植木屋の何気ない日々を楽しんで頂けたら幸いです。

本年もありがとうございました、皆様方が良いお年を迎えますようにお祈りいたします。

中村園芸 中村 勲

ホトトギス 開花

これ、お客様宅に生えてたのをちょっと貰ってきてうちに植えたのですが、秋の山野草でなかなか良いです。写真だとあまり綺麗に見えませんが、日に当たるとかなり綺麗です。結構長い間ダラダラと咲いてますね~。

名前の由来は鳥のホトトギスの胸の斑点に似てるということらしいです。

ウィキペディアによるとホトトギスって托卵といって。卵を他の近縁種の巣に隙を見て産み落として、自分で育てないで他人に育てさせる習性らしいです。なんかめちゃくちゃずるいって思うのですが、どうも自分で温めても体温が安定せず卵を孵すことが出来ないからのようです。人間だったら裁判沙汰ですが動物の世界は弱肉強食というか生きるために知恵の絞りあいでたくましいですね。

花・ガーデニングランキング

秋の草花はキリリと引き締まって綺麗

秋晴れの日差しに照らされた植物はなんか異常に綺麗に見えないですか?私がただ単に春夏園芸より秋冬園芸のが好きってのもあるのですが、このオキザリス、葉っぱもすごい綺麗に見えます^^ イメージ的には春の花はほわっとした感じ、秋はキリリとした感じがします。

もう花が終わりかけですね・・・ オキザリスはようはカタバミなので繁殖力と生命力が強いです。しかし園芸品種は雑草のカタバミほどやっかいではないです。

菊の蕾が上がって来ましたね。昔はこの時期、よく菊苗買ってたのですが、最近はあまり良いと思うのが売ってなかったり、結構高かったりでスルーしてます。菊熱が冷めてるわけではないのですが、なんかありきたりなものしか売ってない気がする・・・

うちの植えっぱなしの菊たちはかなり樹勢が落ちてきてます。野菊系はめちゃくちゃ丈夫なので雑草ばりにボウボウですが、来春は差し木で増やして更新したほうが良いかな~?

センリョウが色づき始めました^^ 赤実を買ったはずなのになぜか黄実を付けちゃうイカした野郎です。去年は赤と黄色混合だったので得した気分でした^^

植えて4年目ぐらいだったと思います。ようやく株が大きくなって実もたくさんつけてくれました^^ 今年は正月飾りに活躍してくれそうです。

この南天、植えて3年ぐらいかな_こちらも今年は実がたくさん付いてます^^

門松作りに使えそうですが、油断してると父が先に切ってしまうので要注意です(笑)

南天の苗ってめちゃくちゃ安いんですけど、理由はこの成長力の速さでしょうね。とにかく下から嫌ってほどひこばえ?新芽が生えてきます。暇を見て間引かないとすぐに枝が混み混みの藪状態になってしまいます。

お客様宅にめずらしい黄葉する南天ってのを植えたのですが、当初弱々しく「ほぼ枯れたな~」って感じだったのですが、こないだ見たらめちゃくちゃ成長してました(びっくり)

まだ葉っぱは緑だったのですが、ほんとに黄色に黄葉するのか?次回行くとき楽しみです^^

花・ガーデニングランキング

まだ異常に暑いですけど植物は秋っぽくなってきました。

昨日は暑かったですね?なんでも名古屋地区で一番遅い猛暑日の新記録だったそうです。ほんと地球さんがおかしくなってます。

しかし植物たちはこの猛暑にめげずに花を咲かせています。ヤブランは良いです。一株だけでも結構映えますし花も綺麗です。毎年これが咲くと「秋だな~」って思いますが、今年は秋どころかまだ真夏みたいな感じですね(笑)

日陰に耐えますので日当たり悪い場所に重宝しますし、丈夫です。掘り上げて株分けすれば簡単に増えます。地下茎やランナーで増えるタイプではないので、めちゃくちゃ横に広がって繁殖するようなこともないですし管理も楽で良いです^^

よく見るとこんなちっちゃいツブツブの花にもちゃんと花粉が付いてますね(当たり前ですけど・・・)

あとこれなんだと思いますか? こいつは繁殖力が強いので結構そこらに生えていて見かけた方も多いのではないでしょうか? 

答えはニラです。葉をちぎればあの匂いで判ります。ニラは多年草なので冬に地上部は枯れますが、春にはまた生えてきます。こいつは勝手に生えてきて三年ぐらいは居るような気がします・・・

花はよく見ると結構綺麗です。ニラはヒガンバナ科なのですがそんな感じの花ですね^^

ヒガンバナ科は結構身近な植物に多くて、ネギ、玉ねぎ、ニンニク、らっきょうとかそうです。あとはニラと誤食されるスイセンもそうです。スイセンは誤食による死亡事故が結構ありますので注意してください。

葉っぱですが、シナシナしてあまりおいそうじゃありませんね?なんでもそうですが、花が咲くと植物は葉っぱより花と子孫を残すための種のほうに養分を集中させますので、葉物野菜や根菜の収穫は花が咲く前までが鉄則です。ブロッコリーはキャベツの仲間で野菜としては少数派の花蕾を食用としますが、あれも花が開きそうなブツは苦味が出ておいしくないですよね?

ニラは成長期に何回も刈り取って収穫出来るくらい丈夫らしいですが、庭に雑草と一緒に生えてるとニラだか雑草だがなんだかわけ判りませんので収穫して食べたことはないです。

あと勝手に生えてきたものを食べるのはちょっと躊躇してしまいます(なんか怖くないですか?)

花・ガーデニングランキング