ハゼノキでかぶれるか実験

過去記事にあるのですが春にハゼノキを地植えしましたので将来かぶれるとやっかいだなと思い、早々にかぶれるか実験してみました。ハゼノキはウルシ科なのでウルシほどではないが人によってはかぶれると大概どこのサイトでも紹介されてます。

葉っぱ一枚ちぎってみましたが滴り落ちるほど乳液(樹液)が出てきました。いかにもかぶれそうですね(怖)手の甲に塗り塗りして1時間ほどそのまま放置、なにもおきません。とりあえずそのままだといろんなとこにうつりそうなので手を洗いました。

調べてみましたら。遅延型アレルギーというらしくて接触してから数時間から48時間後ぐらいに症状があらわれるそうです。とりあえず1日経ってもなんも痒くありませんので大丈夫っぽいです(ほっ)

いろんなサイトで紹介されてる通りウルシより弱めのようですね。肌の弱い人は要注意ということのようです。あとはこいつが雄株なら最高です。雌株は実が気持ち悪いんですよね、あとこぼれ種の発芽率がよいらしくてやっかいらしいです。雌株なら引っこ抜くことも考えてます。

10/5 追記

2日後の昨日の朝から手の甲の塗ったとこだけほんのちょっと赤く、わずかにヒリ痒(ほとんど気にならないぐらい、写真に撮っても微妙すぎてわからないぐらい)しだしました(残念)。どうやら私は完璧には無反応な体質ではなかったようです・・・ 剪定する時、長袖手袋してやれば大丈夫っぽいですが、顔に付いたら要注意っぽいですね。

しかし遅延型アレルギーってほんとに反応遅いのですね、まさか2日後に反応するとは思いませんでした・・・

斑入りの新芽だらけになったサザンカ

今年はなぜか春の芽吹きが異常に悪かったのですが夏の終わりごろからやたら新芽が吹いてきて元気になってきました。ですが、なぜか斑入りの新芽が生えてきました(??)しかし暗くなりがちなサザンカがパッと明るくなってとても綺麗です。

多分、来年には普通の葉に戻ってしまうでしょうけどたまにこのような不思議な現象があるので植物はおもしろいですね^^

夜中に雨が降ったようなので桃の木を見てみましたらやはり樹液が吹いておりました。吹きたてですのでキラキラして綺麗です。ちなみにやはり味見はしておりません(屁たれですみません) かわりにyoutubeで桃の樹脂を調理する動画がありましたのでリンクさせて頂きました。多分、中国だと思うのですがまさに桃源郷でとても綺麗な風景です。

桃の樹液(樹脂)

実桃の白鳳という品種なのですが幼木のころから雨の降った翌日の朝は大概ゼリーのような樹脂があちらこちらから吹いてたので「桃ってこういうものなんだ」といわゆる生理的現象なのかと思ってたのですが、こないだの雨の後、「いくらなんでもゼリー出しすぎ!」ってぐらいの量が根元にたまっておりました。

検索すると大概は「テッポウムシ系のイモムシが幹の中に入ってかじってるから針金とか薬剤で駆除する」と書いてありますね。おがくずもないし樹勢もよいのでスルーしてましたがちょっと気になるので調べてみました。

日にちが経ってるんので固まってますね。瘡蓋(かさぶた)みたいな役目をしてるのでしょうか?

下に溜まってたのはまだぷるぷるしてます。おいしそうですよね?ちなみに匂いはしませんしアリもたかってませんでしたので甘くはなさそうです・・・

「桃の樹脂」で検索してみましたら桃膠という食べ物があるみたいです。なんでも中国ではわりと昔からある健康食材のようです。ということはやはり桃から樹液が出るのは虫だけではなく生理的?というか樹皮に穴があくと出る?よくある現象のようです。

ちなみに私は捨ててしまいましたが、一口味見しとけばよかったかな~?なんて思ったり思わなかったり・・・

ゼリーをどけてみましたら、幹が凹んで虫が食ったような穴ぽこがありました。

けど虫は探せませんでした。居るのか居ないのかもわかりませんがここまで樹液が流れてると虫も一緒に流されてるような気がする・・・

今、こんな感じでとても元気です。新芽も吹いてきてます。とりあえず大丈夫っぽいですが、一応要観察していきます^^

猛暑に耐えた植物たち

まだ残暑厳しいですが、今年の猛暑に耐えた奴らを紹介したいと思います。こいつは西日ガンガンの花壇に植わってるマーガレットです。枯れたかな?って思ってたのですが最近新芽が出てきました^^ ちょっと大きくなったので切戻ししたいとこですが、さすがに今はやめときます。

お次は毎年夏にヘロヘロになる西洋シャクナゲです。最近まで例年よりとても元気で、地植えして3年ぐらい経つからしっかり根付いたのかな?なんて思ってたのですが、ふと今日みたら葉っぱがコゲコゲになってました。

原因はよくわかりませんが地表を覆ってたイチゴの葉っぱがいつのまにか枯れて地表がむき出しになってましたので、これが原因かもしれません。それか日の角度が変わってきて強い光線が当たったからかもしれません。

表面はカラカラですがとりあえず葉っぱは萎れてないし今日は夜から雨が降るので水遣りはしませんでした。さっきのマーガレットは枯れてもいいですがこいつは枯れてほしくないです。今年はつぼみが5個ぐらい付いてました。楽しみです^^

最後は過去の記事でも紹介した水遣りを忘れてて瀕死になった千両です。場所がよかったのか新芽も出てきてとりあえず大丈夫っぽいですね^^ 来年は樹勢が乗ってくれるとうれしいのですが・・・

ちなみに隣に植わってる万両は元気するぎるほど元気ですね。実もどえらい量です。万両はあまり剪定するような樹ではないですが、よくある葉のない幹がヒョロヒョロっと1mぐらい伸びて頭だけあるような樹形は好きではないので背が高くならないように初春におもいきって半分ぐらいに切ってしまおうかと思ってます。

サルスベリ

夏の花木と言えばまずこいつですね。花が終わったと思ったらまた咲き出したりして調子がいいとだらだら長いこと咲きます。この枝がふと目に付いたのですが、ほぼ水平に横に倒れてるんですがすごく長い面積咲いてると思いませんか?

ふつうはぴょんぴょん伸びた枝先にポンポンみたいに咲いてるサルスベリが多いと思うのですがこれは頂芽優勢という植物の特徴的な現象だと思います。つるバラを育ててらっしゃる方はお解かりだと思いますが、つるバラはわざと枝を横に倒して花数を多くしないと見栄えがしません。縦のままの枝だと頂点にしか花が咲かないのですよね。

お隣、安城の名産のイチジクも枝を横に倒して収穫量を増やす栽培法があるようです(テレビでやってました)

植えて4年ぐらいですが、サルスベリは生長が早いですね。もう幹がサルスベリ特有の樹皮になってます。これがたまらなく好きという方は多いのではないでしょうか?西尾城の敷地内に1本とてもかっこよい樹形のサルスベリがありますが、おもわず幹肌をなでなでしたくなっちゃうほど見事な樹です^^