桃(日川白鳳)がたわわ

地植えして5年くらい?で樹高2mぐらいの桃ですが今年はたわわに実りました^^ まだちょっと早いですが自然に落下したのを食べてみたら甘くておいしかったです。やはり雨が少ないほうが甘くなるようです。しかし明日からようやく梅雨っぽくなりそうなので収穫時期と重なり甘みが減りそうです・・・

この品種は早生なので梅雨と重なってしまうのですが、じゃあ晩生のがいいのか?というとそうとも言い切れないようです。一般的に晩生種のが味が良いらしいですが虫食いが多いらしいです。

桃は収穫時期が近づくと実に袋かけというとても手間な作業をしないと虫にやられてしまうようです。しかし、うちのこいつは葉っぱや花へ害虫は付きますが不思議と実には虫はほとんどつかないのでわりと楽なのです。なので袋がけもしたことがありません。

年々大きくなってますが、まだまだ売ってる物と比べるとかなりちっちゃいです。私が貧乏性で実を付けすぎってのもあると思うのですが・・・

こんだけ実をならせても食べきれないのでもっと適果したほうがよいのかもしれませんが、今年はジャムとか干し桃?に挑戦しようかと思ってますが、多分めんどくさくてやらないと思います(笑)

もうちょい実が大きければ人様にあげても絵になると思うのですが、桃は衝撃に弱くすぐ傷むのと意外と食べ頃の判断がむずかしいのがネックです。

去年、地際で切ったガクアジサイ 開花

去年アジサイを花後に地際で強剪定したのですがご覧の通り普通に咲いてくれました。やはりこのガクアジサイ(ダンスパーティ)はどこで切っても咲いてくれるようです。

左の赤線の木質化した枝が去年の剪定後に伸びた枝です、緑色の部分は今年の春から伸びた新枝です。かなり深いとこからの新枝にも花が付いてますね。ダンスパーティは花付きの良い品種なのでしょうか? 右は今年の春に生えてきたひこばえ(やご)です。さすがにこっちは花が付いてません。

ちなみに2株植わってまして正直邪魔なのでかわいそうですけど右の株は処分いたしました(ごめんなさい)左の残した株は去年地際で切ったのにこの大きさです。ダンスパーティはでかくなりますね~。

まだ咲き始めですが、かなり父に切られてしまいましたがまだまだ花数多いです^^ しかしこれではっきりしましたので、毎年花後に地際でカットすればよいので楽でいいです^^

こいつは普通のアジサイですが、去年父が適当に剪定してましたがまあまあ花が付いてます。枝を良く見るとやはり深く切ったであろう枝には花が付いてませんでしたので、普通のアジサイは教科書通り、あまり深く切ると咲かないようです。 しかしこいつはダンスパーティほど樹勢が強くないのでそんなに邪魔にはなりません(笑)

柿の花

の花と言われてもピンとこないですよね? 私も若い頃は植物に興味がなかったので子供の頃からうちに植わってる柿の木が実が成ることは知ってても花が咲くなんて思ってなかったです。しかし実がなるということは当然、花も咲きますのでご覧のようなすでに柿のミニチュアのような花が咲いてます。

柿は貴重な日本の?果物ですが、そこら中に生えてますのでまったくめずらしくもなく、おばあちゃん家などで「柿持ってけ」と言われてもあまりうれしくない果物になってしまってるのではないでしょうか?(特に若い方は) 秋になれば1個100円ほどで種無しの柿が売ってるのでそっちのが食べやすいし、とてもおいしい果物だと思うのですが庭の柿の木はなんかかわいそうな感じがします。

は身近な植物ですが、花とかどうやって実がなるかとかあまり知られてないような気がします。柿は雌雄同株雌雄異花で雄花と雌花が1本の木になるようですが、よくスーパーで売ってる富有柿、次郎柿(四角い奴です)は雌花しか咲かないようですがなぜか雌花だけで実がなるそうです(単為結果というらしいです)

渋柿もあるし、調べるとなんか複雑でわけわからなくなります(笑)

写真が暗くて分かりづらいですが、どえらい数の花です。柿は隔年結果習性が強いのはご存知の方も多いと思いますが、うちの今年は表年(実がなる年)なのでこんな感じです。うちのはあまりにも極端すぎるんですよね。成らない年は1個も成らないとかです・・・

摘蕾や摘果で隔年結果を防ぐとかたまに書いてありますが、あまり効かなかったので放置したいとこですが、このままだと秋に食べきれないほど実がなって困るので面倒ですが摘蕾しようかと思います・・・

エゴノキ(ピンク) 開花

最近、思わず買ってしまったエゴノキです。あまり興味なかったのですが、とある場所で立派なピンクのエゴノキ(4、5mぐらい)が生えてまして、すごい綺麗だな~と思ったことがあるのですが、エゴノキは地味な印象しかなかったので「ピンクはわりといいな~」と思いました。

でも庭に植えるつもりはなかったのですが(そもそも場所がない)最近、サツキの玉物を大分処分しまして植え場所が出来たところに、いつものようにふらりと憩いの農園を散策してるといるじゃないですがつぼみをたくさん付けたこいつが、で、思わず衝動買いしてしまったわけです。

森のシャンデリアって言われるのも納得ですね。花は小さいのですが花数が多いのでこれでもっと木が大きくなっていったらさぞ見栄えがするでしょうね。楽しみです^^

ちなみに市役所西(正確には交通センター西)の道路の街路樹は白花エゴノキだったと思います。街路樹と言っても建物に沿って植えられてますのでかなりキツメの剪定(棒状)をされてました。なんかかわいそうですが街路樹の宿命ですかね?

レンゲツツジ

また買ってしまいました・・・ しかし以前ならぐっと我慢してたとこですが今は植木屋を細々と営業しておりますので「勉強のためにはいろんな植物を育てたほうがいいよね?」なんて思ってなんか欲しいのあったらすぐ買ってしまう傾向にあります(植える場所に余裕はありません)

この調子だと鉢だらけになってしまいますが、これもまあ致し方ないかなと。そのかわり数年育てて飽きた植物は適宜処分をする鬼の心を持たねばなりません(笑)そうすれば庭もすっきり、私の脳内植物知識も増えていくという算段です。

これ光の当たる角度で花色の見え方がかなり変わりますね?こっちの写真のが綺麗に見えます。 これで1800円なんだから憩いの農園は安すぎます(ありがたや~)

じつはレンゲツツジは10年前?くらいにちっこい苗を買った奴(上の写真)がまだ一応生きてるんですが、地植えして瀕死の状態から1本だけ枝が生きてて辛うじて復活した状態です(今年、鉢に戻して養生してます)

なので「レンゲツツジは持ってるからいらないや」って考えだったのですがこんな立派な苗が1800円だったので「こりゃデカイ苗買ってワープしたほうが早いな」と思ったわけです。

こいつは夏にハダニが必ず付くのでやっかいです(ハダニは普通の薬剤が効かない傾向) 今年はダニ太郎?とか言う薬で防除してみるつもりです。