サツキの強剪定(丸坊主にする)

ちょっとサイズ感がわかりづらいですが、結構でかいサツキなんですが、隣にこの前ドウダンツツジを植えたので「このサツキを小さくしたいな~」なんて思ってたのでやることにしました。うちのサツキは古株ばかりですかなぜかあまり花が咲きません。こいつもほとんど蕾を付けてませんので遠慮なく刈込めます。

ドウダンの植わってるとこは前はジンチョウゲが植わってたので隣り合わせでサツキの日陰になってたとこがハゲてますね。

結構小さくなりました。もっと小さくしてもいいのですがこれが限界です(やろうと思えばできますがめんどくさいので・・・) ここでドウダンツツジに気持ちよく大きくなってもらいたいです^^

アップです。成長期ならカリカリに丸坊主にしても復活すると思いますが、通常はこのように葉っぱがまったくなくなるような強剪定はしないほうがよいです。(枯れてもいい覚悟でちっちゃくしたいとか理由がない限り・・・)

通常、サツキやツツジは花後剪定が基本ですが、毎年同じくらい刈込んでてもだんだん大きくなっていくものです。「思い切って小さくしたいな~」ってときは花後より今の暖かくなってきた3月の芽吹き前のが樹木への負担が少ないと思います(当然、今年の花は咲きませんが)

このような丸坊主は夏、冬はやらないほうが無難です。いくらサツキツツジが丈夫と言っても枯れるリスクが高まります)

隣のサツキとサイズ感が同じになりいい感じです。なにより庭が広く感じるのが良いです^^

コメントする

 

 

 

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。