柿の花

の花と言われてもピンとこないですよね? 私も若い頃は植物に興味がなかったので子供の頃からうちに植わってる柿の木が実が成ることは知ってても花が咲くなんて思ってなかったです。しかし実がなるということは当然、花も咲きますのでご覧のようなすでに柿のミニチュアのような花が咲いてます。

柿は貴重な日本の?果物ですが、そこら中に生えてますのでまったくめずらしくもなく、おばあちゃん家などで「柿持ってけ」と言われてもあまりうれしくない果物になってしまってるのではないでしょうか?(特に若い方は) 秋になれば1個100円ほどで種無しの柿が売ってるのでそっちのが食べやすいし、とてもおいしい果物だと思うのですが庭の柿の木はなんかかわいそうな感じがします。

は身近な植物ですが、花とかどうやって実がなるかとかあまり知られてないような気がします。柿は雌雄同株雌雄異花で雄花と雌花が1本の木になるようですが、よくスーパーで売ってる富有柿、次郎柿(四角い奴です)は雌花しか咲かないようですがなぜか雌花だけで実がなるそうです(単為結果というらしいです)

渋柿もあるし、調べるとなんか複雑でわけわからなくなります(笑)

写真が暗くて分かりづらいですが、どえらい数の花です。柿は隔年結果習性が強いのはご存知の方も多いと思いますが、うちの今年は表年(実がなる年)なのでこんな感じです。うちのはあまりにも極端すぎるんですよね。成らない年は1個も成らないとかです・・・

摘蕾や摘果で隔年結果を防ぐとかたまに書いてありますが、あまり効かなかったので放置したいとこですが、このままだと秋に食べきれないほど実がなって困るので面倒ですが摘蕾しようかと思います・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。