もみじ 剪定

うちのモミジを剪定しました。当初ブログに載せるつもりではなかったので、途中経過の写真からです。右半分はもう剪定してます。

剪定してて、上の写真のように切り口から水があふれ出てきたので、「ブログに載せよう」と気が変わったのです・・・

こんな細枝の切り口からも結構滴り落ちるものですね。これがすべての切り口から水が出るわけではなく、太い切り口から出てなかったりでどんな加減がよくわかりません。ためしに味見してみればよかったです。メープルシロップのサトウカエデと仲間なのでちょっと甘いかも?

この切り口だけ水平で雨が染みこみやすそうなので癒合剤を塗りました。モミジは年明けるとすぐ水を吹くというのは本当ですね。なので剪定時期は落葉後から年内がベストなんでしょうが、忙しいとそんな短い間に剪定やれるとは限らないですね?

まあ今の落葉時期ならバサバサ切ってもよっぽど大丈夫だと思いますが大事な樹なら上記のベスト剪定時期にやるのがよいでしょう。切り口から水が出るのはなにもモミジだけではないですので(松もすぐ松脂が吹いてきますし、サザンカも時期によっては水がしたたり落ちたりしますが成長にそんなに影響はないと思います)

しかし、モミジは葉っぱ出てる成長期にバッサバサと強剪定するとかなりの確率で枝枯れします(最悪全枯れ)のでお気をつけください。

今年はかなり枝を抜いて二回りぐらい小さくしました。毎年少しずつ高さを詰めてますので年々剪定が楽になってええです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。