サルスベリ

夏の花木と言えばまずこいつですね。花が終わったと思ったらまた咲き出したりして調子がいいとだらだら長いこと咲きます。この枝がふと目に付いたのですが、ほぼ水平に横に倒れてるんですがすごく長い面積咲いてると思いませんか?

ふつうはぴょんぴょん伸びた枝先にポンポンみたいに咲いてるサルスベリが多いと思うのですがこれは頂芽優勢という植物の特徴的な現象だと思います。つるバラを育ててらっしゃる方はお解かりだと思いますが、つるバラはわざと枝を横に倒して花数を多くしないと見栄えがしません。縦のままの枝だと頂点にしか花が咲かないのですよね。

お隣、安城の名産のイチジクも枝を横に倒して収穫量を増やす栽培法があるようです(テレビでやってました)

植えて4年ぐらいですが、サルスベリは生長が早いですね。もう幹がサルスベリ特有の樹皮になってます。これがたまらなく好きという方は多いのではないでしょうか?西尾城の敷地内に1本とてもかっこよい樹形のサルスベリがありますが、おもわず幹肌をなでなでしたくなっちゃうほど見事な樹です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA