キンモクセイ(盆栽)胴吹き

昨年秋、花後に剪定したキンモクセイの盆栽ですが、あえて主幹をぶつ切りして冬を越すとどうなるかな?と思い、残したのですが見事に胴吹きしてきました^^ ちょっとピンボケしてますが元気な芽が出ております。こういう葉っぱがない棒状の枝になるような切り方は通常はしないのですが常緑広葉樹の場合で、「どうしてもここに枝が欲しい」って時にはやってみるのもいいかもしれません。ちなみに太ければ太い枝ほど、または上の方の枝ほど芽吹く力は強いと思います。

細い枝、下の方の枝だと枯れこむ場合もあるので注意です。私は実験のために秋にぶつ切りしましたが冬の寒風、乾燥で切り口から枯れ込む危険もあるので通常の適期は暖かくなってきた樹木が芽吹く前が良いです(3月~4月)一番パワーを貯めてる時なのでほぼ胴吹きしてくると思います。

ということで実験終わったのであらためて赤線のとこで切りたいと思います。電信棒みたいでかっこ悪い樹幹なので・・・

ボケが咲いてます。花数多いですが、なかなか太くなりませんね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。