サツキ 剪定(刈り込み)

ちょっと遅いかもしれませんがサツキを刈り込みました。サツキツツジは来年も花を楽しみたいなら花後すぐの剪定が基本なので夏時期の花芽分化に間に合わないかもしれません。

ですが、うちのサツキたちは毎年ほとんど咲きませんのでまあいいかと・・・ 街路樹や公園でよく見るピンクのサツキ(大盃)は良く咲きますがうちには植わってないようです。

なんでも昔の粋なお客様は「サツキは花は二の次、玉物として綺麗に刈り込んで存在してればそれで良い」という方もみえたようです。普通はどうしても花を求めてしまいますので粋ですね・・・(しかし、たまには満開に咲いてほしい・・・)

お客様に貰った雪見灯篭ですが気に入ってます^^

左のサツキは去年3周りぐらいブッツブツに小さく強剪定したのですがあっという間にボサボサになり復活しました。強く切ると切られた分を取り戻そうとしてこのように反撃っぽく生えてくる樹木は多いです。しかし樹木はかなりの体力を使いますので伸びたからといってまたすぐ切らないで年末まで光合成させてあげたほうが良いと思います。

こいつも去年丸坊主に強剪定して二回りぐらい小さくしたのですが、ご覧の通りまったく普通に復活しております。綺麗に刈れました^^

こないだ仕事中に宅配便の方が「綺麗に刈れてますね~、まん丸で」とかお褒め頂きましてとてもうれしかったです。ああいう何気ない会話ってほんと励みになりますよね~

カサブランカ やはり良いです。ユリで唯一?品種名で呼ばれるだけあります。

これはカサブランカに似てますがザンベジという品種です。

こいつは去年植えて咲かなくて「ハズレ引いた」と思ってたのですが、今年咲いてくれました^^ 園芸はこういうのがあるから楽しいです

 濃すぎず薄すぎずとても綺麗な黄色で気に入りました。 まだまだユリの花期は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。