丸太の皮むき

先日伐採させて頂きました左から黒松とクロガネモチです。両方とも直径20cmほどですが、黒松の方は年輪からの推測で樹齢10年ほどのようです。環境にもよるでしょうがこいつは成長が早いと思います。依頼された方もびっくりしてました。クロガネモチの方は年輪がはっきりわからないのですが20~30年?ぐらいかな~?

木材というとスギかヒノキって感じですが昔は松も結構使ってたようです。木材で多用されてたってことはやはり成長が早いんだと思います。そもそも松も建築木材に適した常緑針葉樹ですからね・・・

さて、この丸太をどうしようか?と考えまして、西尾クリーンセンターは直径10cm以上の幹枝は受け入れ不可なので業者さんに持ち込むか薪割りして10cm以下にするかということになりますが、松の方はまっすぐでなんか捨てるの惜しいな~なんて思いまして、適当にチェーンソーでぶつ切りにしたのですが、とりあえずベンチ代わりに取っておこうかと思います。

クロガネモチの方は皮向いてオブジェに出来ないかな?なんて思ったり思わなかったりですが、とりあえず遊びで皮むきしたいと思います^^

樹木は切ってすぐのが皮がむきやすいようです(水分を含んでたほうがむきやすい)しかし、材木にする場合は基本的に成長期は良くないようで秋冬時期に伐採がセオリーらしいです。

これがおもしろいように簡単にむけてしまいました^^ ちなみにクロガネモチはモチノキ科なので樹皮から鳥もちが取れるようですが、なんとなくそんな感じしますね・・・

丸裸にしてしまってなんかかわいそうな感じになってしまいました・・・

数日乾かしてからグライダーで磨こうかと思います。なんか真っ白すぎて味気ないですね?どうなるかな~? 

松の方は年輪もはっきり見えておもしろいので薄く輪切りにして鍋敷きやコースターにしてお客様に配ろうかな?って思ったんですが要らないですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。