寒さ(霜)で傷んだ植物たち

最近は暖冬で園芸店で一年草と売られてるものでもわりと容易に冬を越す植物が多いですが本年1月は霜が降り、メダカ水槽に分厚い氷が張ったりと寒さ厳しい冬らしい冬となってるのではないでしょうか?

去年は軒下に置いていたソテツですが今年は北風の当たる厳しい場所に替えたのですが、このように葉っぱ(古葉)が焼けてしまってます。しかし新葉は元気ですね・・・ ソテツは評判どおり寒さには弱いようです。寒さ厳しい地方では、こも巻きして防寒対策するのが冬の風物詩となってるようです。

しかし、横から見ると元気そのものなのでこの場所で引き続きがんばってもらいます(笑) このソテツちゃん、一年で結構太りました。あまり大きくしたくないのですが生育旺盛のようです・・・

春に買ったマーガレットですが、グングン大きくなり、昨年末ぐらいに蕾がたくさん付き出して「秋じゃなくて真冬に咲くの~?」なんて思ってたのですが、1月の寒波で一気にしおしおになって蕾も咲かずに枯れていきました~。

やはり草花にとって霜は大敵のようですね、低い温度まで耐えられる種類でも霜には耐えられないものが多いようです。ここでやさしい方なら室内とか軒下とかに移動してあげると思いますが、私はどっちかいうと自分にやさしく植物に厳しい(スパルタ)のでこのまま放置してます。「これで枯れるならしょうがないね」というスタイルです。 ただし、大事な植物はそれなりに大切に扱いますが・・・

というのもあまりに過保護にして一年草たちが生き残っても鉢数がどんどん増えていってしまいますので新しい植物を買いたくてもガマンするということに陥ります。手間もかかりますし・・・ですのでわりとドライな園芸生活をこころがけています。あとはスパルタで育ててると、この植物はどこまで耐えられるか、どこまでが限界かが解るので勉強にもなりますし。

人間と同じで多少厳しいほうがたくましく育つのもおもしろいです(笑)

最後はオステオスペルマムたちです。去年は難なく冬越しした奴らですが、今年は何株かはヘロヘロでこのままだと冬を越せそうもありません。今年で3年目?ぐらいだと思いますが、枯れても致し方なしとします。やはり基本一年草で売られてるものを何年も育ててると年々花付きが悪くなったり弱くなっていったりする傾向が多いようです。

枯れるのは悲しいですが、同時に新しい品種を買える喜びもあります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。