真冬の寄せ植え

最近は真冬でも綺麗な花苗がたくさん売ってますね。左からブラキカム、ゴールデンクラッカー、アネモネ、ラナンキュラス、アネモネ、イベリス、しめて税込み1594円でした。パンジーとかならもっと安上がりなのですがたまには奮発して豪華な寄せ植えを真冬に作ってみました。

土は夏に作った日々草のプランターの土をほぐして根っことか取り除いて再利用します。ph計をぶっ挿して計ってみましたがこの計測器、もう古いので正しく動いてるのかわかりません(笑)とりあえず弱酸性なのでOKとします。経験上、古い土でも問題なく生育しますので大切な植物以外はこんな感じで古土を再利用してます(最近は赤玉土や腐葉土が高いですし・・・)

根っこが目立ちますね(笑)嫌なニオイもしないしベトベトしてないので大丈夫です。

これだけ混ぜます。普段は鉢底石は入れないことが多いですが、真冬なので土の乾きが当然遅いのと多湿を嫌う植物が多いので使うことにしました。

マグァンプは高いのと土に混ぜないと効かない(置き肥で使えない)ので最近はこのコスパの良い化成肥料を使ってますがマグァンプのが花付きが良いように思います(気のせいかも知れませんが・・・)

水はけを良くする為に軽石を混ぜます。

こんな感じで土が出来上がりました。白いのは肥料ではなく軽石です。少なすぎたかな?あまり意味ないかも?

適当に仮置きします。真っ赤なアネモネが映えますね~。

ゴールデンクラッカー、根が回ってますので切り詰めます表土がコケてるので綺麗にします

真冬なのでちょっと手加減して根っこを切りました

イベリス、ゼニゴケとナメクジがいました。多湿だったんでしょうね、こちらは根が張ってませんので綺麗にしてこのまま植えつけます

綺麗になりました^^

完成です。寒さに比較的強い植物ばかりですが、本来は春に咲く草花がほとんどなので霜には当てないように夜は軒下か玄関に非難させます。

春が楽しみです^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA