桃の花 満開

今年は虫食いもなく、かなり綺麗に咲いてくれました^^

植えて多分10年くらいだったと思います。憩いの農園で500円で買ったほんとに小さな苗でした~。

桃も桜と同じで横に枝が張る感じの樹形になりますね。ただこいつは実桃なので実の重さで枝が垂れ下がるのでこのような横張りの形になってると思うのですが・・・

10年で剪定もたいしてしてない感じなので、上にめちゃくちゃ伸びるという感じではないです。桃でも照手桃という品種はほうき?コニファー?みたいな樹形で細く上に伸びる品種もありますが・・・

梅より桃のが剪定は楽だと思います。梅はもうあらゆるとこからビョンビョン枝が出まくって藪状態になるし、枝が堅いので切るのに疲れます。

桜も綺麗ですが桃も負けてませんね^^ こいつは実桃なので実も楽しめるのですが、樹が大きくなってきて摘果作業がしちめんどくさくなってきました。まだ樹がちっちゃいうちは収穫が楽しみでしたが、最近はあまりにも実がなるので憂鬱になってきました(笑)

今年は摘果を多めにして、実成りを少なく大きさ重視にしようかと思ってます。

花・ガーデニングランキング

ヒヨドリの被害

植えて三年目でまだちっちゃいピンクのシデコブシですが、今年もひよどりに蕾を食べられてしまいました(悲)ひよどりはモクレン科の花を好んで食べるのか?三月でまだ食べるものが少ないので大きいつぼみのモクレン科が狙われるのかはわかりませんが・・・

個人的にはモクレンよりシデコブシのがやられる気がしますね。街中のモクレンていつも綺麗に満開に咲いてますので・・・

ここもあそこも全滅でした(笑えない) 来年はなんか対策しようかと思うのですが、個人的に網で覆ったり鳥よけテープとか使うのは見た目が悪いのであまりやりたくないんですよね

どうしたもんか・・・ 釣り糸なら目立たないので張って防除してみようかな~。

ひよどりは雑食でほんとなんで食べますね、パンジーとかもやられる時があります。個人レベルなら「まあ~しょうがない」とあきらめますが。農家さんとかだとヒヨドリの被害は笑えないレベルのようで完全に害鳥扱いらしいです。

この時期ツバキもツボミだらけで鳥からしたらおいしそうなんですが、ツバキはひよどりは見向きもしませんねなぜか(堅いからかな?)、咲いた後の蜜は吸ってたような気がしますが・・・

せめて咲いた後の蜜までがまんしてくれればよいのですがツボミのうちに食べられてしまうのでどうにもなりません(笑)

シデコブシのピンクはあまり植わってないし、花がとても綺麗なのでそろそろ咲いた光景が見たいですね・・・

花・ガーデニングランキング

鉢物の植え替え

植え替えの季節ですね^^先日、盆栽の植え替えを一日ですべてやってめちゃくちゃ疲れましたが、今日は残りの鉢物を片付けて「植え替えすべて終了」ということになり一安心です^^

こいつはラカンマキなのですが、特に欲しくはなかったのですが、うちにはある程度定番の庭木が植わってるのですが、マキだけはないので植木屋として勉強のために買ったのですが、地植えする場所がないので鉢植えで育ててます。植え替えも3年ぶり?くらいでほぼほったらかしであまり大事にしておりません(ごめん) しかし逆に成長がめちゃくちゃ緩慢でほとんど姿が変わらないので管理が楽で良いです。

久々の植え替えなので「根がそうとう張ってるかな?」と思ったのですがそうでもなかったです。水遣りの時にある程度根詰まり加減は予想出来ますよね? 水はけが悪い鉢植えは根詰まりしてる可能性が高いです。もちろん土の状態が悪い(水はけの悪い土)場合もありますが・・・

いつものようにノコギリ鎌でザクザク切ってきます。根かき鎌で根裁きしてから根をハサミでチョキチョキするより仕事があっつうまに終わります。生育も変わらないです。

大体、この程度が丁度いいかと。根の生育が旺盛な奴はもっと小さくしたり、生育が緩慢なやつは手加減したり、その都度臨機応変にするとよいと思います。

土を入れて終了です。樹がグラグラしない程度に土をヘラなどで詰めますが、あまりガチガチに詰めると水はけが悪くなるので・・・

ちなみに当中村園芸は鉢物や盆栽の植え替え作業のお手伝いも承ってますが、未だに一回も植え替えの仕事の依頼がありません(悲) 最近、「地植えのバラを鉢植えへ移植」という仕事はあったのですが、こういう鉢から鉢への植え替えはないですね~。植物好きな方は結構鉢がたくさんあったり大変だと思うのですが、まあ、ある程度放置でも生育しますし、植え替えも自分で出来ますし、「金払ってまで・・・」って感じでしょうね・・・

※思い出したら一回だけありました。かなりデカイ陶器の鉢物で一人で持ち上げられる限界ぐらいの重さでした。しかしそれは伐採のついでの仕事だったので、単独で「植え替えだけ」の依頼はないです。

このアオキも三年ぶり?ぐらいです。こいつは鉢物の古株です。10年以上居ますね~。

根っこの写真がないですが(すみません、めんどくさかったのです)

軽く剪定してリフレッシュ!やはり三年も植え替えしてなかったので成長が悪かったですね。今年は綺麗な新芽が吹いてくれると思います。

あと菊たちも。菊も去年やらなかったので二年ぶりです。植え替えしなと花数がめちゃくちゃ少ないです。株分けして二鉢に増やしました^^ 菊は同じ株をずっと育てても年々弱っていく傾向が強いので挿し木で更新したり株分けして良い新芽を吹かせるようにして株の若返りを促したほうが良いと思います。

あまり鉢が増えすぎても置き場に困るので半分は地植えにしたりしました(捨てるのもなんなので・・・)

以前よりだいぶ鉢物が減ってきました。以前は楽しすぎていろんな植物をどんどん買ってましたが、最近はセーブして弱ってる植物は処分したりかなり整理しました。あまり鉢が増えると管理が大変なので・・・ 

園芸好きな方はみなさんそう思ってらっしゃると思いますが、園芸店へ行くと誘惑に負けて買ってしまわれる方が多いですね(笑)

花・ガーデニングランキング

台風で倒れたサザンカ(樹齢50年)の抜根

台風 倒木 | 中村園芸・西尾市の小さな植木屋さん (nakamura-engei.com)

去年8月の大したことない台風でまさかの倒木してしまったうちに長年居たサザンカちゃんですが、私の管理不足で根元が腐ってたので倒れてしまったのです。詳しくはリンクをどうぞ

根元は腐ってるしほとんど倒れてるのですが、樹齢50年ともなると結構な太さで根の張り具合もそうとうだと思うので抜くの苦労するだろうな~とは思ってたのですが・・・

これが足でぐいぐいと蹴り起こしたならあっさり抜けました^^ 左の方に太い根がちょっと地面に埋まってるだけだったのですが、これもかなり腐ってるというか枯れてたのでほんとに簡単にほぼ工具を使わないで抜けたのでうれしいサプライズです(笑)

裏のアップ。見るからに腐ってますね。これでは倒れるというか折れるはずです・・・

全体像。椅子か薪割り台に使えそうですが、下がガタガタなのでちょい厳しいか・・・

前、お客さんに「庭木を伐採したあとの切株が邪魔なんだけど?」と聞かれたことあるのですが、庭木処理の労働力、難易度に関しては樹の大きさに比例するのはそうなのですが、一般的な庭木レベル3,4メートルほどまでの庭木なら伐採はほんとに簡単であっという間に終わってしまうのですが、抜根となるとこれがめちゃくちゃ苦労します。

油圧ショベルがあれば簡単でしょうが費用も高くなりがちですし、地中配管や構造物を破壊しないように気を使います。重機が入らないと手掘りするしかありません(3又とチェーンブロックで引っこ抜く方法もあります)。うちの場合重機がないので手掘りということになりますが手掘りだとせいぜい幹直径20cmぐらいまでかな~?ちなみに写真のサザンカは幹が長い方で30cm短い方で20cmです。この人は腐ってたので簡単に抜けましたが健康な樹木だったら「こんなん手掘りは絶対無理!」って思いませんか?(笑)

そうめちゃくちゃ邪魔じゃないならそのまま自然に腐るの待てばよいと思いますが、太い切り株は結構長い年月がっちり地面と密着してます。腐りを早めたいなら土を被せたり湿度を保たせば、微生物の力で分解が早まると思います。シロアリが沸けば一番分解が早いと思いますが、「家の方にシロアリが来たら困る」って思うのが普通ですので、出来れば片づけたいと思う人が多いでしょうね。しかし、人間から嫌われ者のシロアリも自然界では「森の分解者」と呼ばれてて、倒れた木、死んだ木を分解して土に還す重要な役割を担っています、分解スピードが微生物より速いのでシロアリが居ないと森が倒木した木だらけの荒れ放題でえらいことになるようです。

ちなみに抜いた跡に新しい樹木を植えようと思ってたのですが、掘ってみるとやはり太い根っこだらけでスコップがまともに入りません。しかし結構枯れが進んでたのでスコップでザクザクやるとこのようにウッドチップみたいに結構簡単に削れてくれました^^

しかし、根っこを完全には取り切れないのでここに今なんか植えても根が張れないと思うので、1年しっかり腐らせてから来年植え付けようと思います。ウッドチップが腐り肥えた良い土になると思います。

ちなみに植物には連作障害(忌地現象)といって同じ場所に同じ種類の植物を植えるとうまく育たないとう現象が起きることが多々あります。野菜は結構多いので農家さんそういう作物はローテションで場所を変えて育ててます。 庭木だとバラやツツジ類が連作障害が起きやすいようです。

花・ガーデニングランキング

ジンチョウゲを挿し木する(まだ寒いですが)

先日花瓶に生けたジンチョウゲから新芽が吹いて来ましたので挿し木してみようかと思います。ジンチョウゲは花が咲いてるうちから新芽が吹いてきたりして活動が早いですね・・・

さすがにまだ寒いし、一週間くらいなので根っこは出てませんが、生命力の強い植物だと根っこが出てきたりしますよね?

一般的に生け花や挿し木にする穂は「斜めにカットして吸水率を上げる」と説明されてますが、以前私がとある方に教えていただいた方法は「節挿し」と言って、節のすぐ下で水平にカットする方法です。なんでも節の部分が一番芽や根が出るパワーがあるのと水平に切ったほうがバランスよく周回に根が出て良いとのこと。ナナメに切ると片側だけに根の出現がかたよるのであまりよくないとのことでした。

しかし、私は挿し木はあまりやらないのでこのやり方が正しいとの補償は出来ません。植物の種類によりけりだと思います。発根率の強い植物とかは適当でも根が出るし。弱い植物はかなり気を使っても失敗したりします。一般的に接ぎ木で出回ってる植物は挿し木の成功率が低いパターンか、成長が遅いので接ぎ木したほうが経済的に優位だからです。あと挿し木は容易だがトマトとか病害虫に強い台木に接いだ接ぎ木苗とかも多く出回ってますね。

しかし、この「節挿し」というやり方はたしかに妙に説得力がありました^^

ぐらつかないように赤玉にぶっ刺してたっぷり水をやって終了です^^ 一般的に挿し木に使う土は肥料っけのない清潔な土が良いです。培養土や堆肥でも付く奴は付きますが細菌の影響で赤玉等より腐る確率は高くなると思います。

まだ三月で寒いので正直挿し木にはまだ早いです。挿し木を成功させる秘訣は湿度だと思います。湿度が高いほうが良いです。あと根が出るまでは基本日陰に置いてあまり直射日光に当てない方が良いですね。すぐシナシナになります(笑)

本来まだ寒いので室内に置いたほうがよいですが、私はスパルタなので外置きで成功するかためしてみたいと思います(さすがに軒下で風の当たらないとこに置きましたが)。どうなるかな~? 

↓ 3/14追記

明らかに萎びて元気がないようなので部屋に入れました。レースのカーテン越しの暖かいとこに置いて養生します。  やはりまだ寒い時期の常緑系の植物の挿し木は厳しかったかな? 挿し木は挿し穂選びも重要ポイントですが・・・

↓4/17追記 枯れてしまいました。やはり三月の寒い時期の挿し木は無理っぽいですね・・・

花・ガーデニングランキング