芝桜 満開

すっかり春ですね。今年も満開に咲いてくれました^^ 以前この花壇はパンジーとか季節の草花を植えていたのですが管理が大変なので、放置でもそこそこ楽しめる植えっぱなしの多年草花壇になりました。ボサボサしてる葉っぱはナツズイセンです。今は正直ないほうがいいのですが夏に綺麗な花を咲かせてくれるので・・・

リナリア(姫キンギョソウ)が今年はたくさん咲いてくれました。こぼれ種でどんどん増えていくようです。

芝桜は日当たり命ですね。去年ちょっと日陰気味のとこにも植えたのですがまだ咲いていません。日当たりさえ良ければ、2,3株だけでもどんどんカーペット状に広がって結構すぐ花の絨毯になってくれます。こいつは雑草も生えにくくなるし管理が楽で良いです^^

桃とアーモンド

今年も桃が満開に咲いてくれましたが、やはりせっかく咲いた花を食べる虫がかなり居ましてあっという間に花期が終わってしまいました。今年は消毒しなかったのでしょうがないとも言えますが、消毒しても発生したりしますのでやっかいです。

桃は元々害虫が付きやすいのでこんなもんだと納得しています。まだ木がちっちゃいので狙われやすいと思いますし・・・

で、こちらは去年買ったアーモンドですが結構咲いてくれました^^ 桃とアーモンドは同じバラ科サクラ属でかなりの近縁種のようです。上は蕾の写真なのですが若干アーモンドの方がとがってるような気がします・・・

↑ 実桃(日川白鳳)です。ピンクが濃いですね。

で、こっちがアーモンド。ソメイヨシノと同じぐらい?の色で桃よりかなり白っぽいです。

花も若干大きいような? 旗から見たら桃とアーモンドはもうほぼ同じ種類ですね。これ見て、「ああこれアーモンドだね」なんて判る人は樹木医さんでも居ないような気がします・・・

にしても実が成るのが楽しみです^^

枝垂れるツバキ(孔雀椿)とユキヤナギです。 ユキヤナギは刈り込む場合もありますがやはりこんな感じの自然体がダイナミックでいい感じです(場所は取りますが・・・)。

口紅みたいなツバキの蕾

タイトル通りです。西洋ツバキのナイトライダーという品種です。ピカピカで質感もそっくりじゃないですか? これだけツヤツヤしてるってことは蝋物質が豊富っぽいですね?

植物は自身を保護するために蝋物質を分泌します。身近なものではりんごやブロッコリーなどなど みかん類の皮もそうですね。洗おうとすると水をはじきますよね?

うちの父はりんごを見ると「見た目よくするためにワックスかけてるからベトベトする」とか普通に言いますが、私は別に反論しません(笑)昔の常識はそうだったのかもしれません。父が無知なだけのような気がしますが・・・

ツバキはサクラと違って地味ですが春の間、長いこと咲いてくれます。咲く前に剪定して透かしたのですが、そうしたほうが綺麗に見えますね。花が多すぎても風情がないということに気付きました・・・

サザンカ 伐採、抜根

うちのサザンカですが、多分30年ぐらい植わってると思います。左隣もサザンカなので前から混みすぎて気になってたのですが、父の了解を得てかわいそうですが伐採することになりました。庭を良くする為にはこういうこともしないといけない場合があるので、やはり植えるときに将来のことを考え、しっかり吟味してから植えることが大事ですね。

主幹がこんな感じで半分枯れてますがまったく問題なく元気です。腐りは止まってないかもしれませんがそんなに深刻ではありません。こういうのも古木感があっていいですね^^

横から見るとこんな感じでイナバウワーしてます。剪定するときいつも幹に乗ってやってますがまったく問題ない強度です(樹木はすごいですね)しかし、樹形が今一なのと無駄に場所を取ってますので伐採してスペースを空けたかったわけです。

取り合えず枝葉を伐採します。今日は抜根もしますので幹はあとでグラグラ揺するために残します。

場所が狭いのでやりにくいですが、いつものように鍬でガスガスと掘っていきます。ヒコバエがすごいですね。主幹が半分枯れてるので新しい枝と更新したくてこんなに芽を出してるのだとおもいます。

ちょっとグラグラしたので強引に幹を揺すって見たのですが根元で折れてしまいました(笑)

根っ子は太い根でまだまだがっしり大地を掴んでますが、主幹は半分枯れてましたので根元の方までダメージが続いてて強度が弱くなっていたと思われます。

ちなみに下写真の右、赤矢印の穴ぽこのとこにクマバチが眠ってましたが起こしてしまい、申し訳ないことをしました。しかし、もう春なので大丈夫でしょう(多分)クマバチはでかくてブーンと羽音がすごいので一見怖そうですが温厚なのであまり攻撃してくることはないです。オスには針がなくてメスのみに針があるそうです。

ひたすら掘っていきます。毎度のことながら抜根作業は疲れます。

まるでさつまいものようなド太い根っ子です。こんな立派な根をしてたら切っても切っても生えてくるわけです。しかしさつまいものようにやわらかくはないのでまったく抜けません。

金テコでもビクともしませんのでノコで切ります・・・

「やっと抜けました~」というか切り取ったと言う方が正しいかも?

↓ before after

サザンカには申し訳ないですが、やはりなくした方が良くなった気がします。

ということでサザンカさん今までお疲れさまでした~。

早咲きの桜

今日は暖かかったというか暑かったですね?半袖でも問題ないくらいでした。自転車でブラブラしながら「今年は写真を撮ろう」と狙ってたカンヒザクラ(寒緋桜)が満開でした^^

場所は青年の家?だと思うのですが、建物には「働く婦人の家」と書いてありますね? 西尾幼稚園の隣です。西尾歴史公園の細い道すがらのテニスコートや機関車のオブジェがあるあの辺です。

アップで見ると、「まだ花が全開に開いてないな~」なんて思って家で調べたらどうもこいつは、この半開きの状態までしか開かないそうです(変った奴ですね)それでもかなり綺麗です(全開に開いたらもっと綺麗のような気もしますが・・・)

所変わって西尾市役所にも綺麗な花木が満開で咲いておりました。早咲き桜の代表選手、河津桜のようです。こいつは桜餅の葉っぱに使われる大島桜と上で紹介した寒緋桜の自然交配種らしいですが、まだ発見されてから50年ほどの比較的新しい品種のようです。発見場所の静岡県河津町から名が付けられたようです。ソメイヨシノよりかなり濃いピンクですね・・・

やはり桜は梅より花数がすごいですね・・・