モミジの木に蟻の巣

「アリが木を登ってるな~」とは思ってたのですが、ふと見ると結構大規模に巣を作ってます。もう何年も前から幹に腐りが入って洞化してるのですが、樹は元気なので放置してます。アリが巣を作るのも何度かありますが私は駆除はしません。

アリが植物に与える影響は調べても賛否両論あり、「害虫なので駆除しなさい」ってとこや「アリは基本的に肉食もしくは雑食性なので植物を食害することはなくむしろ害虫から植物を守ってる面もある」って書いてあるとこもあり迷うところですね。

私はどっちかというとアリは放置してますが、鉢の中やイチゴ苗の周りにアリが巣を作った時はあきらかに生育に影響してましたので駆除しました。樹木の洞(うろ)とかのアリの巣は放置してます。アリは樹の腐ってる部分に巣を作って樹の生きてる部分までは巣を広げないから多分大丈夫です。アリが樹を腐らせてるわけでなく腐ってるから巣に都合良いのでアリが集まってくるらしいです。

しかし、このような状態だと普通は心配になりますので駆除しても良いと思います。ようは幹の腐りを広げないことが重要なのでどっちが良いのか?の選択になりますが、常に湿度を保っていてジメジメしてると腐りは進んで行くと思います。昔は洞にモルタルとかを詰めてたそうですが最近ではなにもしない方がよいという意見もあるそうです。乾いた状態が保てるなら、なにも詰めない方が風通しよくなり樹木自体の力で腐りを止めて行くのを期待するわけです。

アリの巣の上の方の洞は水はけが良いのか乾いていて腐りが止まってますね。この状態が続けば樹木はゆっくりと傷を巻いていく感じに成長していくと思います。なんにしてもこのような洞が出来るのは大概、時期はずれに無理な強剪定するとなるようです。犯人はうちの父です(笑)

アリとアブラムシの共生関係は有名ですが、アリと植物との共生関係もあるようです。

葉の蜜腺 ←このページ様が参考になりますのでリンクさせて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。