実が赤くなった樹木たち

ピラカンサ(トキワサンザシ)です。年末になると実が気持ち悪いぐらいにたわわに実った鉢植えが売り出されますね。正直あまり好きではないので一度処分しようと思って庭に捨てたのですが、ためしに庭にスポッと刺しといたんですね、そしたらこいつはとても丈夫で1年ですごく大きくなったんです。で足元だけ切り取って盆栽として復活したわけです。

下の幹だけは地植えのおかげで立派ですけど上がごらんのようにまだ細いです・・・

お次は百両という名で出回ってるカラタチバナです。隣にでかい万両が植わってるので目立たないのですがなにげに見たらもう赤くなってました^^ ピラカンサよりこっちの実のがピカピカで綺麗ですね。

なぜか、花が咲いてます。狂い咲きですかね?赤い実と花の競演となっております。

万両のが勢いが良いので軽く剪定したいと思います。

ちょっとバランス良くなりましたかね?

ちなみにこいつは白実万両ですが、まだ実は青っぽいですね。隣の百両が赤実なのでどうしても紅白って感じで違う色を選んだのですよね。しかしものすごい量の実ですね?白のが勢いがあるのですかね? バランスを考えつつ百両の方の赤実が目立つように育てていきたいと思ってます(やはり赤い実のが映えますので・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA