花柚子(ハナユ、一才ゆず)

スーパーに出回り始めましたね。うちのは残念ながら実の大きい本柚子ではなくてハナユズです。本柚子は1個100円、ハナユズは半額の50円ほどで売ってました。

一般家庭にはあまり大きくならないハナユズのがいいらしいです。こいつもまだ背丈ぐらいの大きさなんですが今年は10個くらいしか実がなりませんでした(悲)
ユズも柿のように隔年結果習性が強いらしく適当に間引いたほうが良いらしいです。去年は40個くらいなりましたから思いっきり反動が来てます。

早く大きくなって毎年100個くらい成ってくれるとおすそ分けも出来るし毎日ユズ風呂という贅沢が出来るのですが・・・ 気長に待ちます(笑)

クチナシの実

染料や漢方に使えるみたいです。見た目もかわいいというか、かっこいいので観賞価値がありますね~。クチナシは香りもよし大きくならず手間もかからない良い木ですが唯一の難点は油断してるとオオスカシバと言うでっかい芋虫にあっという間に丸坊主にされてしまうことですね。

万両と百両

白実万両と赤実百両(カラタチバナ)です。地植えして2年目、去年は両方とも実を付けませんでしたが今年は付けてくれました(特に白実がたくさん)寒い時期に出回るので買ってそのまま地植えしたのがいけなかったのか百両の方は瀕死の状態でしたがなんとか復活してくれました。が、万両のがあきらかに樹勢が強くて格下の百両が遠慮がちになってます。葉っぱがしおしおになって頂芽がもうダメっぽかったのでダメ元でぶつ切りにしてみたら胴吹きして復活した生命力に期待したいです。

そしてうちの父上様が「センリョウの切花は高いね~」とか言うので(万両、百両は切花向きではないので)さっそくカーマで298円の実なしのちっちゃい苗を買ってきました。寒いのちょっと苦手らしいので春に地植えします。来年楽しみ。