終わりかけの菊を生けました

長いこと咲いてくれましたがそろそろ菊も終わりです。逆光で見づらいですね・・・

カーテン閉めたら余計暗くなりました・・・

時間を置いてから撮りましたが、なかなか綺麗に撮れない・・・

バラと菊って相性いいですね? なんかすごく贅沢でゴージャスな感じが・・・

やはり緑色の菊が一番綺麗だと思います^^ 花瓶生けだとこの色があるとないとじゃ華やかさが段違いです(好みもありますが・・・)

多分、今時の若い人は見向きもしないであろう菊ですが、バラ、カーネーションとともに三大流通量の多い花です。切花に至っては菊がダントツで流通量が多いです。花屋さんを覗けばそれは納得しますわね(菊だらけですもの)

しかし菊は仏花のイメージが強すぎておめでたい席や人様への贈り物で使われることはかなり少ないですね?バラやカーネーションは贈っても菊を贈るのは失礼っていう風潮がありますね?

実際、入院見舞いで菊を贈るのはご法度と言われてますし、昔のドラマとかで中高生のイジメの場面で机に菊の生け花を飾るとか定番になっております。

若い人は彼女さんの誕生日にバラは贈っても菊を贈ることはほぼないだろうし、なんでここまで生産量、流通量が多いのにイメージがバラの華やかさと真逆で地味なんでしょうか?

最近の品種はバラに引けを取らないほど華やかだと思います。切花も良いですが、自分で育てても菊はほんとに重宝しますよ。宿根草なので毎年咲いてくれますし、丈夫ですし、バラほど病害虫に気を使わないでよいので管理が楽です(付くのはアブラムシぐらいです)

あなたもバラではなく菊を贈れるような粋な人になってみませんか?(笑) 綺麗で心がこもっていれば常識なんてあまり気にしないでいいと思うのですが・・・

菊 8月末に摘心 背丈を低く抑えて開花

毎年菊の摘心で悩むのですが、まず摘心の理由と致しましては花数を多くする、背が高くなりがちな菊の背丈を低くコンパクトに咲かせる。というのがあります。元気な株なら春に延びた後にすぐさま地際でバッサりやってもまたすぐ復活したりするのですが、樹勢の弱い品種はあまりバサバサやると結構枯れてしまいます。

樹勢の強い奴でも「こいつは丈夫だから」とバサバサと何回も切ったり時期を間違うとすごく弱ったりします。

で、いろいろ自分なり考えて今回ためしたのが8月末まではほぼ伸ばし放題で光合成をしっかりさせてから半分から三分の二ぐらいバッサリ切るというのをやってみました。理由は何回も(普通は三回ぐらい?)摘心をすると弱い品種は枯れてしまうことがある。コマめに摘心しても結局秋には背丈が高くなり、だらしなく垂れ下がってしまう。

矮化剤という手もあるのですが、自分には合わなかったです。まず薬価が高い。1回ではなく結構こまめに散布しないといけない。散布タイミングが結構むずかしい。 などの理由からです。

で、上の写真がその結果です。例年なら支柱を立てなければまず自立出来なかった株が自立してます。株によりますがいつもの半分~三分の二程度の高さに収まりました^^ しかもちゃんと満開に咲いてくれました。 摘心時期は8月末~9月上旬ぐらいです。

最近の雨で若干垂れ下がってしまいましたが、支柱を立てるのは結構めんどくさいのでこの手法は結構いけるかも?と思いました。切花にするなら背が高いほうがいいかもしれませんが・・・

綺麗な奴は枯れてしまって丈夫なこいつらが生き残ってます。丈夫な奴でも何年も同じ場所に植えっぱなしだと弱ったりしますけど・・・

5年前ぐらいに買ったアナスタシアという品種がなんとか二株生き残ってくれてます。こいつはグリーンマムエリートです(笑)ほんとに毎年綺麗な緑色です。

三年前に植えたセンリョウが初めて実を付けてくれました^^ 赤実を買ったはずなのに、なぜか黄実と混合といううれしいサプライズです。 

お客様に「今年はセンリョウの実が付かないんだけどなんで?」って聞かれましたが、これまた返答に困ってしまいます。ナンテンもですけど、花時に雨に当たると実が付きにくいとかいわれますが、あまりアテになりません。ナンテンは自分の感覚だと株の性格(植え場所)の違いのが大きいような?よく実がなる株は毎年よくなりますが成らない奴は毎年成らない傾向が強い気がする・・・

センリョウは最近育てたばっかなので正直よくわかりません。姉の家のセンリョウがたわわだった翌年は実付きが異常に悪かったので隔年結果習性があるのかもしれません

私は「まあ、そういう年もあるわな~」と諦めます(いいかげん?)

最近は猛暑など異常気象傾向だし、そもそも植物に完璧を求めるのは酷なような気がします・・・

菊の季節です

毎年、この時期は菊苗を一鉢ぐらいは買うのですが今年は一つも買っておりません。挿し木で増やしたのを地植えしたりしてかなり菊が増えたのでもういいかな?という状態だからです。

良いと思ったのを買っても次の年には違う色とかになってしまう場合も多いですし、今年は「これいいな~」と思った菊苗もあまり見かけなかったので・・・ 

あとは今いるレギュラー陣の弱い奴をなんとか増やしまくりたいです。今、10種類?ぐらいあるのですが強い奴3種ぐらいしかなかなか増えませんので・・・

この赤色と奥のピンクのポンポン咲きは強いです。今年はビーナインと言う矮化剤を使ったので去年より背丈を低く抑えれましたがそれでもこいつらは結構デカクなります。支柱をしてないので強風で倒れています・・・

これはアナスタシアという結構有名なブランド品種です。とても綺麗な品種です、普通ぐらいの強さですかね?買ってから5年?ぐらい生き残ってます。

こいつらは私の好きな緑色の菊だったはずなのに翌年からご覧のような色に変化してしまった奴らです。これはこれで綺麗ですから許しますが(でも出来れば緑色のが良いです)

最後は雑草並みの強さの野菊?です、踏まれようが刈られようが台風で倒れようがまったく平気でなんもしてないですけど枯れません。どんどん広がってくので間引きしてます。

やはり園芸品種と野生児では強さがまったく違いますね? 私もこの人らを見習いたいですが(まだまだ貧弱です・・・)

なぜか咲きだした菊

上の写真は去年の秋に買ったサーモンピンクの菊なんですが・・・

花数少ないですが今咲いてます。どうも二度咲きタイプのようですね?得した気分です^^

色がまったく変わってますけど、これがまたいい感じの色です。昔、二度咲き菊や夏菊を買ったことあるのですが、どうも弱弱しく花もぱっとせず、すぐ枯れてしまったのでそれ以来、手を出してなのですが、こいつは今のとこ樹勢も強く元気です。気に入りましたので増やしたいと思います。

スカシユリ(タイニーゴースト)が綺麗に咲いてます。去年植え替えしましたら元気になりました(かなりちっこい球根だったのですが・・・)やはりユリは3年を目処に植え替えしたほうが良いようです。

4年?ぐらい植えっぱなしでだいぶ増えてきましたけど、1本に対する花数が少ないので今年植え替えしようと思います。ユリは植え替え時期がわかりやすいですね? 樹勢があきらかに弱くなりますのでその時が植え替え時ではないでしょうか?

こいつは今年買ったばかりなんですが、勢いがすごいです。カサブランカとか他のユリはまだ咲いてないのにこいつだけいち早く咲いてます(しかし、みなと同じ時期に咲いてくれたほうがよいのですが・・・)。タイニーゴーストの倍くらいのでかさです。しかし色はちょっとくすんでますね?

ここに5本植えて、2本枯れてしまいました(泣)黄色がダメだったのでケチらずにもっと買えばよかったです・・・

晩秋に咲くオステオスペルマム

3輪だけですけどかなり大きな花で咲いてくれました^^ こいつはやはり基本的に春咲きのようで秋は運が良ければ咲くってぐらいで色によってはまったく咲かないようですね~。他に赤もあるのですけどダラダラと一輪づつぐらい咲いてます(笑)

不思議なのは秋というより菊が終わった頃の晩秋から本格的に咲く奴も居るのです。そいつは西日や北風の当たる結構環境の厳しい花壇に地植えしてるのですが、現在もりもり咲いて来ています。去年は12月中旬ぐらいに花盛りだったような気がします。 春秋咲きというより春冬咲きなので変わった奴ですね~・・・

とても綺麗な菊を発見したので買ってきました。今年は何鉢か枯れたり地植えしたりしたので置き場所に余裕が出来たので^^  この色はサーモンピンクと言うのですね?ほんとにシャケのような色で菊ではあまり見ないめずらしい花色だと思います。